CD

English Tapas

Sleaford Mods (スリーフォード・モッズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RTRADCDJ925
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
1ボーナストラック

商品説明

イングランド出身の二人組、ジェイソン・ウィリアムソンとアンドリュー・フェーンによって2012 年に結成されたスリーフォード・モッズ。極限まで削ぎ落とされたミニマルな超骨太サウンドと、癖の強いイースト・ミッドランドの訛りのヴォーカルで、労働者階級のイギリス文化を赤裸々に歌い上げる超強烈なオヤジたち。
ザ・プロディジーのアルバム『The Day Is My Enemy』収録曲「Ibiza」にフィーチャーされ、MV でも存在感を発揮している。 彼らのインスピレーションは、いつだって路地裏にある。ヴォーカルのジェイソン・ウィリアムソンは、今作について「アンドリューが適当なバーに入ったら、メニューボードに” イギリス風タパス” なんて殴り書きがされていた。そんな笑わせる言葉の下には、ハーフ・スコッチエッグ、チップス、ピクルス、ミニ・ポークパイってメニューが並んでいたんだ。これがこのクソったれのバーの全てを物語ってるだろ。それはコメディーであり、有り合わせであり、無知、とにかく、クソなんだ」と語り、「2016 年のことを思い返してみろよ。これ以上最悪なことはなかっただろ」と吐き捨てる。 
そんな彼らが、あの《Rough Trade》からリリースする。録音は、パルプのベーシストであるスティーヴ・マッキーのスタジオで行われた。さらに、今年春には2年を費やし撮影された、路地裏のパブ・バンドがアリーナ級バンドへ成長するスリーフォード・モッズの軌跡を描いたドキュメンタリー映画『Bunch of Kunst』の公開も予定されている。 地元の熱烈な支持を集め、我が道を突き進む彼らの最新アルバム『English Tapas』が、いよいよ3月3日( 金)に世界同時発売! 日本盤には、ボートラとして、《Rough Trade》のオンラインのみで販売される超限定7” に収録された「Big Trouble In Little Costa」を追加収録(!)し、歌詞対訳と解説書が封入される。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ラフ・トレードと契約した英ノッティンガムの中年パンクス二人組の日本デビュー作。ベースと打ち込みのリズム・トラックのみのシンプルなバッキング・トラックに、ジョニー・ロットンを彷彿させる労働者階級訛り全開のヴォーカルで、社会に対する不満や疑念をアジるようにシャウトする様は痛快だ。(保)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Army Nights
  • 02. Just Like We Do
  • 03. Moptop
  • 04. Messy Anywhere
  • 05. Time Sands
  • 06. Snout
  • 07. Drayton Manored
  • 08. Carlton Touts
  • 09. Cuddly
  • 10. Dull
  • 11. B.H.S.
  • 12. I Feel Do Wrong
  • 13. Big Trouble In Little Costa(日本盤ボーナストラック)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品