CD

Bad Blood Rising

Santa Cruz (サンタ・クルーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GQCS90410
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

フィンランドのヘルシンキ出身の若きロックンローラーによる3枚目のアルバム、『バッド・ブラッド・ライジング』が完成した。「前作『サンタ・クルーズ』はメタル寄りだったけど、この新作は、よりロックになってる。俺達は、もうヘヴィ・メタル・バンドじゃないんだ」フロントマンのアーチー・クルーズは、過去最高に多様性に富む新作のサウンドについて、こう語った。

2年ぶりの新作が出る2017年は、サンタ・クルーズの結成10周年に当たる。2007年、まだ15歳だったアーチーがギタリストのジョニーと出会い、かねてから決めていたバンド名で活動を開始。その翌年にベーシストのミディーが加入し、2年後にドラマーのタッズと出会って、現在の編成が固まった。オジー・オズボーン、アイアン・メイデン、モトリー・クルー、ガンズ・アンド・ローゼズ、スキッド・ロウ等に影響を受けた彼らが、10代ならではのパワーとロングヘアを武器に編み出した痛快なロックンロールは、まずフィンランドで火がついた。

2013年、デビュー・アルバム『スクリーミング・フォー・アドレナリン』をリリース。本国とイギリスで精力的にツアーを行なった他、スキッド・ロウの前座としてドイツとベルギーにも訪れた2015年発表のセカンド『サンタ・クルーズ』は本国のチャートで初登場3位を獲得。同年ヨーロッパ・ツアーを敢行し、2016年はセバスチャン・バックの北米ツアーに帯同、11月には初来日公演を実現させた。そして現在は、『ローリング・ストーン』誌が「知っておくべき10の新アーティスト」の一つに彼らを選ぶほど、世界的に注目されている。

『バッド・ブラッド・ライジング』の制作は2年前の夏に始まり、1年半ほど続いた。「正直、かなり時間がかかったから、今回の制作は結構辛かった。でも難産だったけど、その価値はあったよ」と、アーチーは言う。過去10年で大きな進化を遂げた彼らの狙いは、より幅広く多様性のあるサウンドを達成することだった。その結果、彼らは80年代風のパーティ・メタル・バンドから脱皮し、一回りも二周りも大きなロック・バンドに成長。

ファースト・シングルの“リヴァー・フェニックス”は、ヘヴィーでダイナミックなロック・アンセムだが、アルバムには全く対照的なポップ・サウンドの“リヴァー・フェニックス・パート2”も収録されており、この2曲だけとってみても、今の彼らが実に様々なサウンドを生み出せるバンドであることが分かる。アドレナリンが噴出するハードな曲はこれまで以上に強力で、アーチーいわく「ガンズ・アンド・ローゼズとU2とパール・ジャムを掛け合わせたような」“ブリーズ”や“ドラッグ・ミー・アウト・オブ・ザ・ダークネス”といったポップなバラード曲も秀逸。前作の長いツアーでパーティー三昧の日々を過した後、酷く落ち込んだ体験を基に生まれた多くの歌詞が、最高にキャッチーでメロディアスな楽曲の数々を、より一層魅力的にしている。

2017年、『バッド・ブラッド・ライジング』と共に、懐かしくも新しいロックンロールを体現する4人組が、世界を席巻するだろう。

【メンバー】
アーチー(ヴォーカル/ギター)
ジョニー(ギター/バッキング・ヴォーカル)
ミッディ(ベース/バッキング・ヴォーカル)
タッズ(ドラムス/バッキング・ヴォーカル)

(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

フィンランド出身の若きロック・バンド、サンタ・クルーズの3rdアルバム。モトリー・クルーやガンズ・アンド・ローゼズに影響を受けたキャッチーでメロディアスなサウンドが持ち味。脱ヘヴィメタル宣言をし、より多様性に富むロックを聴かせる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品