SWITCH Vol.38 No.6 特集 うたのことば

SWITCH編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784884185299
ISBN 10 : 4884185293
フォーマット
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
134p;28

内容詳細

「音楽サブスク」の台頭で歌詞カードを見る機会が激減した現代。本特集は印刷された歌詞を目で追い、音楽を聴く喜びを再び伝えるべく、各世代を代表するアーティストに、自ら紡いだ歌詞や、影響を受けた歌の歌詞についてのインタビューを敢行。さらに20名にも及ぶ多ジャンルの表現者たちがお気に入りの1曲について語ります。まさに令和の「歌本」として、紹介楽曲全50曲の歌詞を全文掲載するという、異例の音楽特集です。


【以下、特集の見どころをご紹介!】

・作詞家人生50周年、松本隆、完全独占1万字ロングインタビュー!!
4月6日、芦屋。コロナ禍の中、松本隆は「SWITCH」の特集のために特別に取材を引き受けてくれた。水彩のように淡い風街という舞台で、松本隆は架空の物語を記していく――。はっぴいえんどからはじまる松本隆の作詞家としての人生の軌跡を紐解くロングインタビューを掲載します。

さらに「BEST 10+1 松本隆自選作詞」と題し、2400曲を超える松本の作詞曲の中から珠玉の11曲を、松本自ら特別解説!!


佐野元春、aiko、岸田繁、川谷絵音、中村佳穂らが選び・語る。「歌詞」についてのインタビューを掲載!!

本特集のために超豪華アーティストが集結。歌の作り手にとって、歌詞の書き手にとって、そのことばはどのようにして生まれてくるのか。彼らが語る自身の作詞の秘密と、自らが選ぶ影響を受けた歌の歌詞について。「歌詞」という表現の根底にあるものに迫るアーティストインタビュー。


・佐野元春ロングインタビュー[未来をも凌駕するノスタルジー]
コロナ禍のいま、佐野元春の歌はリスナーに勇気をもたらす。今こそ聴くべきとSWITCHが考えた「この道」「経験の唄」「君がいなくちゃ」。この3曲を軸に佐野元春デビュー40周年のソングライティングを紐解く。

・aikoインタビュー[その“瞬間”を描き続ける]
瑞々しい恋の始まりから、儚い恋の終わりまで。aikoが紡ぐ歌詞は聴く人すべての恋心に寄り添い、刺さる。ストリーミングが解禁され、より彼女の歌が身近になった今だからこそ訊く、“aikoの詩”が生まれるまで。


・岸田繁インタビュー[それは自動書記のように]
「むしろ言葉の時代は終わったんじゃないかと自分では感じている」、そう岸田繁は語る。その発言の裏には岸田の歌詞に対する真摯な思いと、“音楽”への謙虚な姿勢が深く込められていた。


・川谷絵音インタビュー[“詩”とは違う“歌詞”]
驚異的なペースで数々の楽曲を生み出し続ける川谷絵音。思わず口ずさみたくなる歌詞とメロディ、心に浮かぶ情景。まさに職人技とも言える川谷絵音の作詞術における、一音一音に対する凄まじいまでのこだわりとは。


・中村佳穂インタビュー[日常に点を打っていく]
いま最も注目の新世代シンガーソングライターの一人、中村佳穂。リズムとメロディと完全に一体となった唯一無二の“ことば”に秘められた意味とは? 彼女の音楽的ルーツを辿りながらその秘密を探っていく。


総勢20名!! 多ジャンルの表現者たちが選ぶ「わたしの特別なうた」。
俳優、お笑い芸人、映画監督、写真家etc…表現者たちの心の中にある「特別なうた」はどのようなものなのか。そしてなぜその歌詞は彼らに“刺さった”のか。表現者20人に訊く“わたし”の1曲。

出演:池田エライザ/今泉力哉/emma/奥山由之/くっきー!/佐久間由衣
高橋茂雄/濱田英明/樋口毅宏/福士リナ/文月悠光/三浦透子/満島真之介
三宅唱/村上虹郎/燃え殻/森本千絵/柳楽優弥/やついいちろう/山田健人(50音順)


全50曲の歌詞を全文掲載する「SWITCH」ならではの本特集。コロナ禍の中、取材を引き受けたアーティストたちの「歌詞」に対する強い思いと、彼らの表現活動が制限される今だからこそ「歌詞」を見て、じっくりと音楽を聴くことの素晴らしさをこの1冊で伝えます。ご期待ください。


【CONTENTS】
012:松本隆[そのことば、漂うように]
水彩のように淡い風街という舞台で、松本隆は架空の物語を記していく――。
はっぴいえんどからはじまる松本隆の作詞家としての人生の軌跡を紐解くロングインタビュー

026:BEST10+1 松本隆自選作詞
作詞家人生50年、2400曲を超える作詞曲から選ばれた珠玉の10曲+1曲を自ら解説

034:ESSAY 松本隆
ぼくたちにとっての伝統の問題 僕らの「日本」をみつけよう

036:「うたのことば」が生まれるまで
歌の作り手にとって、歌詞の書き手にとって、そのことばはどのようにして生まれてくるのか。
「歌詞」という表現の根底にあるものを問いかけるアーティストインタビュー

aiko[その“瞬間”を描き続ける]
岸田繁[それは自動書記のように]
川谷絵音[“詩”とは違う“歌詞”]
中村佳穂[日常に点を打っていく]
佐野元春[未来をも凌駕するノスタルジー]

068:私の特別なうた
誰もが心の中に「自分だけの特別なうた」を持っている。表現者20人に訊く“わたし”の1曲
emma/池田エライザ/今泉力哉/奥山由之/くっきー!/佐久間由衣
高橋茂雄/濱田英明/樋口毅宏/福士リナ/文月悠光/三浦透子/満島真之介
三宅唱/村上虹郎/燃え殻/森本千絵/柳楽優弥やついいちろう/山田健人

078:うたが聴こえる with BALMUDA The Speaker

080:LISTEN, READ, and SING YOUR SONG!
曲をじっくり聴き、歌詞を読み、そして歌う。Spotifyの新機能「シンガロング」の楽しみ方を紹介

082:SWITCH INTERVIEW 第68回 ピーター・バラカン
[ブルーズへ]文:戌井昭人/写真:浅田政志
作家・戌井昭人が「いま、気になる人」の半生をひもとく好評連載

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ディディエ・メラ さん

    松本隆さんをはじめ多数の作詞家や、彼等の作った歌詞等が掲載されていました。古今東西の作詞家の作品を容赦なく比較しているので、特に平成から台頭して来た作詞家の作品のクオリティーの低さが露呈したような印象を受けました。或る意味確信犯的な企画で、読者としてはドキドキしながら読みました。

  • 川山空人 さん

    松本隆という偉大な作詞家、詩人について知りたい人は必携🌎

  • nightowl さん

    詞から読むタイプとしてはドンピシャの好企画。もっとことばを大事にという流れが続けばと願う。わたしの特別なうたコーナーでは自分より下の世代の好きな歌詞を知れたのが良い収穫。巻頭インタビューでは(もう世代的に限界なので詞は書けないそう)、詞でありながら"詩"としても響いてくる次の世代の職業作家は誰になるのかと気になったり...

  • きてぃ さん

    私が大好きなAAAや末吉秀太さんとお仕事をしている作詞家の溝口貴紀さんが、同じく著名な作詞家の松本隆さんの特集があるこの号について取り上げていたので読んでみた。松本隆さんについては当然依然から存じ上げていて、有名なところだと松田聖子さんや、Kinkikidsのガラスの少年、個人的には、大好きだった斉藤由貴さんの曲の作詞なんかもしていて、いわば過去と今の自分がつながったみたいな不思議な感覚で読みました。他にも好きなaikoさんの記事もあり、興味深く読めました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

SWITCH編集部に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品