CD

SIAM SHADE IX A-side Collection

SIAM SHADE

基本情報

カタログNo
:
SRCL5310
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

約7年間の活動に終止符を打つことになったシャム・シェイドのコンプリート・シングル・コレクション。

内容詳細

2002年3月10日、日本武道館のライヴを最後に解散するシャム シェイド。約6年半に渡る活動の軌跡を全16枚のシングルで辿った、この最初で最後のベスト盤で、彼らの全てを堪能してほしい。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
28
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
彼等の表の顔集大成です。シングル集なので...

投稿日:2009/01/17 (土)

彼等の表の顔集大成です。シングル集なので、どの曲も耳をひくメロディーを有していますね。個人的には、“曇りのち晴れ"で一度、彼等の才能のピークを向かえた印象が有ります。僕は'83〜'94までの洋楽のハード・ロックしか聴かない人間ですが、SIAM SHADEのサウンドは他の日本のロックしている振りをしているエセバンドと違い、本気さを感じ、L.A.METALから派生した音しか受け付けなかった僕の耳にも、違和感無く入り込んで来て、一時期、夢中で聴いていました。彼等のバックグラウンドもおそらく、僕と近い所に有るのでしょう。ギターのリフに、NIGHT RANGER,DOKKEN,TESLA,SKID ROW,HAREM SCAREM等、リズムにDREAM THEATERを連想させますね。このコレクションには収録されてはいませんが、彼等はカップリング曲も、素晴らしい物がありました。末期は、メンバー間の趣向の違いが表面化してきたのか、インパクトが無くなってきていたので、いいタイミングでの解散だとは思いますが…。ただ後期の“Life"は、SKID ROWの“QUICKSAND JESUS"&LED ZEPPELINの“STAIRWAY TO HEAVEN"をSIAM SHADE節でやった様な、スケールの大きな曲で、鳥肌ものです。全盛期に、アメリカで、アメリカ人のプロデュース&ミ

CLARKCOLLENELLIOTTLANGESAVAGE さん | 埼玉県南埼玉郡白岡町 | 不明

2
★
★
★
★
★
どーでもいい曲が一つもないです!!!まさにハ...

投稿日:2008/10/31 (金)

どーでもいい曲が一つもないです!!!まさにパーフェクト!! SIAM SHADEに出会えてよかった!こんな素晴らしい曲達を生み出した彼らは偉大です!

hiroko さん | 愛知 | 不明

0
★
★
★
★
★
アドレナリンさん、ウェルカム!!そうなん...

投稿日:2006/10/29 (日)

アドレナリンさん、ウェルカム!!そうなんですよ!素晴らしいバンドでした!こんな熱いバンドなかなかいないですよ!すべてが熱いぜ!嬉しいな!

友蔵 さん | 不明

0

おすすめの商品