CD 輸入盤

History Sugar Dream

Rusconi

基本情報

カタログNo
:
BEE066
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ステファン・ルスコーニ(p)、ファビアン・ギズラー(b/g)、クラウディオ・シュテルビ(ds)の3人で、スイスを拠点に活動するルスコーニは、メンバー全員が、1980年前後の生まれで、ロバート・グラスパーやホセ・ジェイムズ、ケンドリック・スコット、ノラ・ジョーンズらと同世代にあたり、いわば、ジャズ新世代のゴールデンエイジとも言えるだろう。

当初は欧州的なピアノトリオ・サウンドだったが、徐々にe.s.t. やバッドプラス的なテクノやロックの要素を取り入れたオルタナティブな感性のピアノトリオとして知名度を高めていった。『Revolution』に続く本作は、アメリカのジャズシーンと呼応するかのように、更に大きく、そして自由に飛躍してみせている。もともと、ソニックユースやレディオヘッドからの影響を色濃く見せ、それに加え、フライング・ロータスやジェイムス・ブレイクへの偏愛をも語る彼らは、多彩なエフェクターや、プリペアドピアノなどを駆使した音響的な工作を、ライブの場にも持ち込み、ジャズミュージシャンらしく即興演奏の中で巧みに作用させてきた。アルバムでは、それを更に増幅させ、ポストロックやエレクトロニカ的なテクスチャーを提示してきた彼らだが、今作では、一気にロック方面へと振り切った楽曲が目を引く。

ベースのファビアン・ギズラーがギターを手にした多くの楽曲は、ピンクフロイドのようなプログレや、カンなどのクラウトロックを髣髴とさせ、ミニマルに同じフレーズを繰り返すような楽曲でも、そのフレーズをテーマと呼ぶよりは、ロック的なリフといったほうがしっくりくるような局面が多く現れる。しかし、そこには前作以上に音響的配慮がなされている。ロック・サウンドの裏では、ジャズミュージシャンらしい活き活きとしたサウンドが躍動し、音の立体感や抜き差しはこれまでの彼らが見せてきたポストロック以降の感覚の延長だろう。そんな楽曲と並び、「The Return Of The Corkies」のような人力ブレイクビーツのインストや、「Chihiro's World」では軽やかなグルーヴと清らかなコーラスを浮遊感のあるシンセで包み込んだエレクトロニカジャズも収録。楽曲のバラエティは格段に広がっている。ルスコーニは、ヨーロッパでもジャズが解き放たれているのを証明するだろう。ジャズの新たな潮流は、アメリカだけの話ではないのだ。

Stefan Rusconi (p, synth, vo, space echo)
Fabian Gisler (b, g, vo)
Claudio Strüby (ds, perc, vo)

収録曲   

  • 01. Finally (2:23)
  • 02. Meditation (7:41)
  • 03. Ankor (5:02)
  • 04. Twisted (2:38)
  • 05. Yogya Trip (5:06)
  • 06. Change (Part One) (4:41)
  • 07. The Return Of The Corkies (3:46)
  • 08. Universe Relocated (3:24)
  • 09. Chihiro's World (4:10)
  • 10. Sojus Dream (14:46)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ニューエイジ に関連する商品情報

おすすめの商品