CD

Love Cannot Bear

Robert Fripp (ロバートフリップ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP10001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ロバート・フリップの今を切り取る重要なソロ・プロジェクト、サウンドスケープ最新作。パニッシュ・ギターやヴォコーダーを通したようなヴォーカルがフィーチャーされた定例のサウンドスケープのなかでも異色の作品といえる。

内容詳細

キング・クリムゾン・ファンでもその評価の分かれるフリッパトロニクスによるサウンドスケープ。川の流れのようにいつまでも続く音の流れ。ある者には陶酔し、ある者はトランス状態に入り、ある者は退屈する。(6)では珍しくスパニッシュなアコギを聴かせる。(竹)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Acceptance-Affirming
  • 02. Affirmation:IMAC
  • 03. On My Mother's Birthday
  • 04. Affirmation:New York
  • 05. Midnight Blue
  • 06. Easter Sunday
  • 07. Love Cannot Bear
  • 08. Requiem-Affirming

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フリップの一連のサウンドスケープ作品の中...

投稿日:2016/09/01 (木)

フリップの一連のサウンドスケープ作品の中でも一番起伏があり 音の形態も散漫さが薄れて聴きやすいような気がします ギターサウンドの究極を見極めようとするような ギターシンセ フリッパートロニクスとそのアプローチは多岐に渡り アンビエント感漂うサウンドには大きく包み込まれるような気持ちにさせらてました。

tomato fripp さん | 富山県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Robert Fripp

不定期ながら30年にも及ぶ活動を続け、常に高い評価を得ている「プログレッシヴ・ロック・バンド」、キング・クリムゾン。その中核をなすリーダー、ギタリストがロバート・フリップだ。また彼はそのバンド活動の一方で、ときにソロ活動やコラボレーション、そして世界中で生徒を集めたスクール形態でのギター・クリニックを主宰するという活動を展開している。

プロフィール詳細へ

Robert Frippに関連するトピックス

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド