Ringo Deathstarr (リンゴ・デススター) プロフィール

Ringo Deathstarr | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

リンゴ・デススター(Ringo Deathstarr)はアメリカ合衆国のオルタナティヴ・ロックバンド。フガジ、 ザ・キュアー、ザ・スミス、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドなど、影響を受けたバンドは多岐に渡る。 2005年にエリオット・フレイザーを中心にバンドを結成、2007年にセルフタイトルとなるEP『Ringo Deathstarr』をリリース。以後立て続けにシングルのリリースや、全米およびイギリスや日本の各地の都市を周るツアーを行っている。2011年2月にClub AC30より初のフルアルバム『Colour Trip』をリリースし、同年の暮れからスマッシング・パンプキンズのツアーに同行するなど、精力的に活動を行っている。 バンド名の由来は、ビートルズのドラマーリンゴ・スターと、スター・ウォーズに登場する要塞デス・スターによる。

来歴

エリオットの故郷であるテキサス州のビューモントで結成するが、その後すぐに音楽の盛んな都市であるオースティンに活動の拠点を移し、ギタリストのレナン・マクファーランド、ベーシストのアレックス・ゲーリング、ドラマーのダスティン・ゴーデットらが加入し、ひとまずバンドが安定する。そして、2007年の秋にデビューEP『Ringo Deathstarr』をSVC Recordsからリリースする(後にボーナストラックの追加された再発盤が『Sparkler』として2009年にリリースされている)。その後数回のメンバーチェンジを経て、最終的にメンバーをエリオット、アレックス、ドラマーのダニエル・コボーンの三人に固定し、サウンドに更に磨きをかける。2009年、三人体制になってから出場したイベントによって知名度を上げ、イギリスのレーベルClub AC30に移籍、2011年には初のフルアルバム、『Colour Trip』をリリースする。日本においても、ビニール盤によって日本盤がリリースされている。

音楽性

ライド、ジーザス&メリーチェイン、マイ・ブラッ…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%