CD 輸入盤

『わたしは美しいものを見た〜16世紀の聖母マリアへのミサ』 カペラ・デ・ラ・トーレ、ティブルティナ・アンサンブル

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19075820572
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dhm
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

16世紀末スペインの修道院での聖母マリアへのミサを再現

中世〜ルネサンス音楽を専門とするドイツのピリオド楽器管楽アンサンブル「カペラ・デ・ラ・トーレ」。2005年にミュンヘン生まれのオーボエ奏者カタリーナ・ボイムルによって創設され、16世紀スペインの作曲家フランシスコ・デ・ラ・トーレの名前と、中世の吟遊詩人が塔から音楽を奏でた故事にちなむスペイン語の「デ・ラ・トーレ(=塔の上から)」をかけて命名されています。実際に当時のニュルンベルクで活躍した音楽隊とほぼ同じ編成で、歴史的な演奏を実践する専門集団として高い評価を得ています。
 そしてバルボラ・カバートコヴァーによって2008年に結成された女声アンサンブル「ティブルティナ・アンサンブル」は、中世から現代までのポリフォニック音楽を正しい言語の研究や解釈によって、高評価を得ています。
 ここでの音楽はすべて聖母マリアに関連したもので、この2つのアンサンブルの合同セッションによるものです。16世紀末スペインの修道院での聖母マリアへのミサの時に聞かれるような音楽が選ばれています。ここでの中心となる曲は、ビクトリアのミサ曲『わたしは美しいものを見た』で、「わたしは鳩のように美しいものが水の流れの上を昇っていくのを見た。彼女を囲っているのは薔薇の花、そして谷の百合」という歌詞は、まさに聖母マリアをイメージさせる言葉で、聖母の祝日に歌われるものです。この時代、修道院で日常歌われていたのは、単旋律の聖歌でしたが、当時最先端の音楽形式であったポリフォニーを取り入れた多声音楽にも興味が向けられていました。修道院では男性による歌声は厳しく禁じられていたため、テノールとバス・パートは、トロンボーンやリードなどの楽器に置き換えられました。このアルバムの演奏では、こうした要素までを再現し、16世紀末の修道院に深々と響き渡った、美しい音楽を現代に鮮烈によみがえらせています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. アウグスティン・バッサーノ[1545-1604]:パヴァーヌ第1番
2. ビクトリア[1548-1611]:『わたしを清めてください』
3. グレゴリオ聖歌:入祭唱『すべての者よ、喜ぼう』
4. ビクトリア:ミサ『わたしは美しいものを見た』より「キリエ」
5. ビクトリア:ミサ『わたしは美しいものを見た』より「グローリア」
6. グレゴリオ聖歌:『聖処女マリアのレクツィオ』
7. グレゴリオ聖歌:グラドゥアーレ『真実のゆえに』
8. ビクトリア:ミサ『わたしは美しいものを見た』より「クレド」
9. ビクトリア:アンティフォン『救い主のうるわしき母』
10. グレゴリオ聖歌:オッフェルトリウム『マリアは天に昇られた』
11. ビクトリア:ミサ『わたしは美しいものを見た』より「サンクトゥスとベネディクトゥス」
12. ビクトリア:『アヴェ・マリア』
13. ビクトリア:ミサ『わたしは美しいものを見た』より「アニュス・デイ」
14. グレゴリオ聖歌:コンムニオ『マリアは正しい選択をした』
15. ビクトリア:『天の女王、喜びませ』(5声)
16. ビクトリア:『天の女王、喜びませ』(8声)
17. グレゴリオ聖歌:イムヌス『めでたし、海の星』
18. ビクトリア:『あなたは何者にもまして美しい』
19. ビクトリア:第8旋法によるマニフィカト
20. フランシスコ・デ・ラ・トーレ[1483-1507]:『主よ、あなたをあがめ』


 ティブルティナ・アンサンブル(指揮バルボラ・カバートコヴァー)
 カペラ・デ・ラ・トーレ(指揮:カタリーナ・ボイムル

 録音時期:2017年6月
 録音場所:ドイツ、アウハウゼン修道院教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品