SHM-CD

Sheer Heart Attack

QUEEN (クイーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY15011
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
リマスター
追加情報
:
SHM-CD仕様/通常盤

商品説明

全英2位に輝くヒット曲「キラー・クイーン」を収録し、アメリカをも含んだ世界的な成功への階段を上り始めるきっかけともなり、彼らの代表作との呼び声も高い第3作。1974年11月発表。

内容詳細

1974年発表の3rdアルバム。ロック・ファンにアピールするハードな部分と万人に愛されるポピュラリティとが同居してゴージャスな印象。「キラー・クイーン」「ナウ・アイム・ヒア」などを含むヒット盤だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
33
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
QUEEN流のポップ&ハード・テイストが全開の作品。...

投稿日:2011/07/15 (金)

QUEEN流のポップ&ハード・テイストが全開の作品。 初心者への入門編としても1番目か2番目に挙げたい傑作ロック・アルバム。 これほどコンパクトにまとまった曲を更に絶妙に積み上げ、アルバム全体として一気に聴かせる構成は、彼らの諸作の中でもピカイチの完成度。 中身はもちろん、文句なしの満点+α。 で、今回の再々々…(?)リマスターですが…、個人的には『ああ、これで永年の夢(=QUEENの作品を、CDよりも上位フォーマットの、真の高音質で聴くこと)』は終わったなという気持ちです。 あと、毎度、今回のような『スペシャル・エディション』にはモノ申したいのですが、これだけのレア音源があるのならば、細かくブツ切りした「オマケCD」にするよりも、独立した作品集として世に出すべきかと。 ファン・サービスとしてはそれが最良かつ、あるべき形だと思います。 もうひとつ、日本盤は総てSHM-CD仕様だそうですが、輸入盤よりも、更なる音質の改善に絶対の自信がある上での独自仕様でしょうか? 『聴覚上の音質改善は保証しない』旨を、近頃は、SHM-CD盤の帯に印刷しているぐらいですが、果たして、却って、音への悪影響はないのでしょうか? どうも、SHM-CD盤の価格が高止まりしているため、輸入盤の価格設定までが高めです。本来ならば¥1300を切るぐらいが相場に思いますが…? 以上、せっかくのリリースですが、拍手は出来ません。

sman さん | 大阪府 | 不明

7
★
★
★
★
★
(前・中略〜)そして給食後の、眠たい時間...

投稿日:2011/07/04 (月)

(前・中略〜)そして給食後の、眠たい時間の音楽の授業。そんな状況下で私たちはシューベルトの歌曲「魔王」を何回も、授業の終わるまで聴かされたんです。そんな日の一人のその夜、「Killer Queen」がラジオからスーッと私の中に入り込んできた。これが私のQueen原体験。こじつけるつもりはない。もし順が逆であったなら、私の中にQueenが入り込む余地(土壌)なんてなかったかも知れないし、それが別の日であっても。そんなエポック・メーキングな日を体験した後、それからの生活は、殆どの時間がQueenへの一方的な思いで費やされ、その思いが性急過ぎたのか、早くも「Bohemian Rhapsody」で飽食を覚え、Queenへの片思い熱は冷め出した。そして「We Are The Champions」で勝手にQueenと決別した・・・・・今は、あの時の思いでこのアルバムを聴くことはないし、しかし思い出で聴く訳でもない。「Brighton Rock 」から始まり「In The Lap Of The Gods(Revisited)」まで全体の流れを、出来るだけ若い多感な時期に聴いて「刹那的」な体験をして見ませんか?と傍観的で偉そうに、この素晴らしいアルバムをレビューしたい。

salamat さん | 埼玉県 | 不明

4
★
★
★
★
★
クィーンのアルバムの中でもっともバラエテ...

投稿日:2011/06/27 (月)

クィーンのアルバムの中でもっともバラエティーに富んでいる傑作。Now I’m Here やLilly of the Valley、そして必殺のキラーチューンKiller Queenなど。フレディーのボーカルも充実の極み。全体的な印象は、バラエティーに富んでいるホワイトアルバムがアビーロードのB面のような流れるような展開と合体したかのような奇跡的な名盤。私はオペラ座よりこちらが好きです。

stella さん | 千葉県 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

QUEEN

'60年代イギリスが生んだ国民的ヒーローをビートルズとするなら、'70年代はまさしくこのクイーンが、イギリスが生んだ国民的英雄といえるだろう。そしてこの言葉に加えて言うならば、’70年代のロックを代表するまでに音楽的に高度な達成を為した偉大なるバンドであるのは当然のこと、現在でも最もファンに愛され続けるバンド、という形容が似合う際立った存在であるということだろうか。

プロフィール詳細へ

QUEENに関連するトピックス

おすすめの商品