この商品の関連特集

SHM-CD

Queen: 戦慄の王女 【限定盤】(2SHM-CD)

QUEEN (クイーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY79531
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

クイーン結成50周年を記念して、長らく入手困難だったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】が、日本でのみ再発決定!!

2021年はジョン・ディーコン(b)が1971年にバンドに加入して、フレディ・マーキュリー(vo)、ブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラー(ds)という顔ぶれのクイーン最強のラインナップが完成してから50周年にあたる記念の年です。先ごろ発表された「第35回日本ゴールドディスク大賞」で、クイーンは3年連続4度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)」を受賞。1973年のデビュー当時から彼らを熱心に応援してきた日本とクイーンの特別な関係は有名な話ですが、バンドにとって重要な節目となる年に、長らく廃盤状態にあったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】の再発が決定。今回、日本でのみ再発が許可された【リミテッド・エディション】は、10年前の2011年、クイーン結成40周年を記念して、スタジオ録音のオリジナル・アルバム全15タイトルをグラミー賞受賞のマスタリング・エンジニアの巨匠ボブ・ラドウィックがリマスタリング、さらに貴重な音源を収録したボーナス・ディスクをそれぞれ追加したCD2枚組のスタイルで発売されたもの。これは長らく入手困難な状態にありましたが、日本のファンとクイーンの“ゴールデン・ジュビリー”(50周年記念)を祝うスペシャル・リリースとして、日本でのみの再発が決定しました。

■『戦慄の王女』(オリジナル発表年: 1973年)
当時のトレンドだったブリティッシュ・ハード・ロックのスタイルを踏襲しつつ、この時点ですでにクイーン以外の何者でもない個性を表現してみせたデビュー・アルバム。プロデュースはジョン・アンソニーとバンド自身に加え、のちにクイーン・サウンドのキーパーソンとなるロイ・トーマス・ベイカーが担当。“誰もシンセサイザーを演奏していない”という宣言は本作から明記されている。メンバーが固まった段階でデモ録音をはじめたバンドは、その後、1972年夏ごろから本格的なレコーディングに入り、1973年1月にアルバムを完成させた。リリースはそれからさらに約半年後だったこともあり、“クイーンの音楽の過去3年間の集大成である”という意味のコメントもクレジットされた。

ボーナスEPには1971年12月にデ・レーン・リー・スタジオで録られた5曲の貴重なデモ音源と、1991年に発掘されたアウトテイク「マッド・ザ・スワイン」が収録されている。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 炎のロックン・ロール
  • 02. ドゥーイング・オール・ライト
  • 03. グレイト・キング・ラット
  • 04. マイ・フェアリー・キング
  • 05. ライアー
  • 06. ザ・ナイト・カムズ・ダウン
  • 07. モダン・タイムス・ロックン・ロール
  • 08. サン・アンド・ドーター
  • 09. ジーザス
  • 10. 輝ける7つの海

ディスク   2

  • 01. 炎のロックン・ロール (ディ・レーン・リー・スタジオ・デモ 1971/12)
  • 02. ザ・ナイト・カムズ・ダウン (ディ・レーン・リー・スタジオ・デモ 1971/12)
  • 03. グレイト・キング・ラット (ディ・レーン・リー・スタジオ・デモ 1971/12)
  • 04. ジーザス (ディ・レーン・リー・スタジオ・デモ 1971/12)
  • 05. ライアー (ディ・レーン・リー・スタジオ・デモ 1971/12)
  • 06. マッド・ザ・スワイン

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
19
★
★
★
★
☆
 
11
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
この頃の事をクイーンのメンバーは当時の事...

投稿日:2019/05/06 (月)

この頃の事をクイーンのメンバーは当時の事務所の冷遇に対して、よく文句を言っているが、どの新人より恵まれている事が1つだけあった。この事務所。レコーディング・スタジオを自前で持っていた為、このまだ売れていないこの新人に、使っていない時は、スタジオを好きに使っていい自由を与えていたらしい。当たり前だけど、スタジオを自由に使える新人なんて普通いない。そのおかげで、同時代のキッスやエアロスミスのファーストと比べて、レコーディングされた音質やスタジオの使いこなし感が全然違う。(楽曲の出来はみんな素晴らしかったけど)あと、A曲目はロジャーのボーカルバージョンも存在するので、聴き比べすると面白い。全体的にまだ原石感はあるものの、本人たちでさえ2度と出来ない初々しさがこのアルバムの魅力。

悪者3 さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
< Queen 【デラックス・エディション】の...

投稿日:2019/05/06 (月)

< Queen 【デラックス・エディション】のボーナスEPはブライアンが聴いてもらいたいもの >  ボーナスEPには6曲収録されていて、そのうちの5曲は1971年に収録されたデモ。シンコーミュージックから出版された東郷かおる子著「クイーンと過ごした輝ける日々」に、このデモについて2011年のインタビュー時ブライアンが語っています。〜〜〜レコード会社に売り込むために録音したこと、スタジオには、エンジニアが一人とメンバー4人だけで作り、自分たちのことが誇らしく思えた。人間味があって、良質でナチュラル、感情が入っていて・・・みんなに聴いてもらえるのはうれしいこと、など。〜〜〜映画「ボヘミアン・ラプソディ」のシーンが思いだされます。ドラムの音がボコボコしていますが、夢と希望にあふれていた4人の姿が見えるような愉しい楽曲です。  6曲目の「Mad The Swine」は、1991年にリリースされた「Headlong」のカップリング曲ですが、1972年6月に録音されたもので、歌詞も意味が深そうです。  歌詞といえば・・・通常版の4曲目「My Fairy King」の英語詩が附属のブックレットのものとシンコーミュージックから出版されている「クイーン詩集 完全版」のものと、かなり違っていてナゾです。和訳も違ってしまっているのか?国内版を持っていないので確認できていません。

ジェイミー さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
クイーンは、レッド・ツェッペリンやディー...

投稿日:2019/04/27 (土)

クイーンは、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルとは違う世代のハードロックという印象が強いです。しかし、この盤がリリースされたのは71年で、時代がそれほど違うわけではありません。決定的に違っていたのはファン層で、いわゆるブルーズを基本にしたハードロックには不感症だったファンを彼らは取り込みました。わが国で洋楽を一般的存在にしたのは、ビートルズでもパープルでもなく、クイーンだったとわたしは感じています。従来のロックに共感することのなかった若い層、ファッションやコミックに親しむティーンエイジャーを彼らはターゲットにしていきました。彼らのドキュメンタリーを見るとわかりますが、英国ではただのマイナー・バンドだったようです。この音とルックスを最初に気づいて支持したのが日本だったことはよく知られています。クイーンは、今までロックなんて聴かない人に向けてエンターテインメントを開始したのです。ジミ・ヘンドリックスのような重い音の上に、格調高いコーラスと物語をのせるスタイルはとても新しいし、わかりやすい。逆に英国のユーザーは、この新しさに気づけずにいたのでしょう。でも、これはよくできたデモ音源だとも思います。おそらくジョン・アンソニーとロイ・トーマス・ベイカーは、スタジオと録音技師のブッキングをやったのみ。彼らはレーベルの助けも借りずに、ブライアン・メイの知識だけでこの録音をやってのけたはずです。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

0

QUEENに関連するトピックス

おすすめの商品