CD

Piper At The Gates Of Dawn: 夜明けの口笛吹き

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP8412
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

シド・バレット在籍時ピンク・フロイドの唯一のオリジナル・アルバム『夜明けの口笛吹き』。1967年発表の英ビート・サイケ名盤だ! 人気を博した同時期のシングル「シー・エミリー・プレイ」と「アーノルド・レイン」は未収録だが、後に発表された『RELICS』というコンピに収められ、少し前CDでも出たのでそちらも必聴! 本作はサイケ風のスペーシーなエフェクトとビートの立ちっぷりが聴きモノ。中でもM2と7のカッコ良さが白眉! 前者は生々しく響くギター・リフが印象的で、サビでコーラスが際立つというサイケ・ポップのお手本のような曲。ワンダー・ミンツ辺りのファンもどうぞ。後者はギター数本による重厚なインスト。ティーンエイジ・ファンクラブが初期の限定企画アルバムでディストーションばりばりでカヴァーしてました。

内容詳細

ピンク・フロイドのデビュー・アルバム。当時のフロイドは天才シド・バレットのワンマン・バンド。オモチャ箱を引っ繰り返した上に原色の絵の具を巻き散らしたサイケデリックな部屋の中を曇りガラス越しに覗いたような風情のあるサウンド。(聖)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 天の支配
  • 02. ルーシファー・サム
  • 03. マチルダ・マザー
  • 04. フレイミング
  • 05. パウ・R・トック・H
  • 06. 神経衰弱
  • 07. 星空のドライヴ
  • 08. 地の精
  • 09. 第24章
  • 10. 黒と緑のかかし
  • 11. バイク

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
THE DARKSIDE OF THE MOONをはじめとする計...

投稿日:2005/08/09 (火)

THE DARKSIDE OF THE MOONをはじめとする計算されたプログレもすばらしいが、やはりこれの魅力には抗えない。これを聞いてると世の中のことなんかホントにどうでもよくなる。

口笛吹き さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
形式化したプログレッシヴロックよりもよほ...

投稿日:2005/06/21 (火)

形式化したプログレッシヴロックよりもよほどかッ飛んだ前進性をいまだに誇るアルバム。多少の古臭さを差し引いてもやはり彼等の真の代表作。

Summer05 さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
シド・バレット。天才。この人を凌ぐギタリ...

投稿日:2005/06/02 (木)

シド・バレット。天才。この人を凌ぐギタリストは未だ一人も出ていない。たとえジミヘンを持って来ようがベック、ペイジ、クラプトンだろうが、ただ膝を屈するのみである。例えばこのアルバム中の6曲目、邦題「恋の聴診器」のギターを注意深く聴いてもらえば誰にも納得できよう。そしてこの人無しにはmeddleもdarksideもanimalsもwallも無かったのだ。アルバム全体としてもSGT.PEPPERSと比較されるに恥じぬ完璧な出来である。

御伽の国、入ると出られぬ さん | 月の影側 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品