CD 輸入盤

Final Cut

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88875170952
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

The Final Cut is the twelfth studio album by the English progressive rock band Pink Floyd, released on 21 March 1983 by Harvest Records in the United Kingdom and internationally and on 2 April 1983 in the United States by Columbia Records. It is Pink Floyd's last studio album to include founding member, bass guitarist and songwriter Roger Waters, and their only album on which he alone is credited for writing and composition. It is also the only Pink Floyd album that does not feature keyboardist Richard Wright. - Waters originally planned The Final Cut as a soundtrack album for the 1982 film Pink Floyd - The Wall. With the onset of the Falklands War, he rewrote it as a concept album, exploring what he considered the betrayal of his father, who died serving in the Second World War. Waters sings most of the lyrics; lead guitarist David Gilmour provides vocals on only one track. The packaging, also designed by Waters, reflects the album's war theme. Although it reached the top of the UK Albums Chart, the album received mixed reviews. - Recorded in eight British studios from July to December 1982, with an accompanying short film released in the same year, production of The Final Cut was dominated by interpersonal conflict. Waters left the band in 1985 and The Final Cut remains the last Pink Floyd studio album he worked on.

収録曲   

  • 01. The Post War Dream
  • 02. Your Possible Pasts
  • 03. One of the Few
  • 04. When the Tigers Broke Free
  • 05. The Hero's Return
  • 06. The Gunner's Dream
  • 07. Paranoid Eyes
  • 08. Get Your Filthy Hands Off My Desert
  • 09. The Fletcher Memorial Home
  • 10. Southampton Dock
  • 11. The Final Cut
  • 12. Not Now John
  • 13. Two Suns in the Sunset

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
21
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
5
★
★
★
★
★
このアルバムと同時期に発売されたビデオク...

投稿日:2015/02/14 (土)

このアルバムと同時期に発売されたビデオクリップ集(というより30分ほどの短編映画というべき)は、あからさまな反日描写もあってか、全く日本での発売がされず(そういう作品がリリースされたこともほぼ黙殺状態、インターネットも無かった時代、(T氏など)御用評論家の好みに合った(メーカーの検閲を通った?)情報しか耳に届かないのが実情でした。泣きたいくらい高い金を払ってダビングを重ねた劣悪画質の海賊版を買ってその素晴らしい出来に感激するとともに、まともなクオリティで見たいとの思いも強くありました。アルバム中の自分の好きな曲と、ビデオに採用された曲が重なっていたこともあり、正規リリースを期待してきましたが、裁判などもあり、おそらく、D・ギルモア存命中は無理なのか?とも思いほぼあきらめています。 いきさつはあるにしても、この作品はもっと評価されてしかるべきだと感じます。自分にとって、「THE WALL」、「DARKDIDE OF THE MOON」と並ぶ作品です。

nasso さん | 岩手県 | 不明

1
★
☆
☆
☆
☆
これ、本当にピンク・フロイドの作品? ロ...

投稿日:2015/01/04 (日)

これ、本当にピンク・フロイドの作品? ロジャーのソロ作品でしょ。 聴いてて悲しくなってくる。 ピンク・フロイドとしては評価したくない。

maiysha さん | 山口県 | 不明

1
★
★
★
★
★
TITLE TRACKはまるでMOTT THE HOOPLE。この...

投稿日:2012/02/04 (土)

TITLE TRACKはまるでMOTT THE HOOPLE。このバンドの音からは理知よりも情念を感じることが多い。 そこがYESなんかより好きやね。

ILPS9351 さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品