CD

Dark Side Of The Moon: 狂気 【紙ジャケット仕様/完全生産限定盤】

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP5409
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 紙ジャケ, リマスター

商品説明

ピンク・フロイド「デビュー50周年」全オリジナル・アルバムを紙ジャケット仕様で遂に復刻(ソニープレス国内盤初CD化)。長年再紙ジャケ化を望まれるも許諾が降りなかったものが、交渉の末、遂に16年振りに実現。UKオリジナル盤ジャケットや付属品等を可能な限り丁寧に復刻(過去紙ジャケと異なり/A式=>E式見開き/よりUK初版の色味に合わせる/日本初版帯復刻/黒内袋/ポスター2種、ステッカー2種、告知ステッカーなども封入/他)。
2011年リマスター。

今作は1973年作品。現代社会の緊張と抑圧、人間の心のなかに潜む狂気をテーマにした一大コンセプト・アルバムはバンド初となる全米チャート1位を獲得。その後も741週に亘ってランク・インし続け、全世界で5,000万枚以上を売り上げたロック史に残る名盤。全英チャートでも2位を記録。シングル・カットされた「マネー」も全米13位とヒットした。バンドとエンジニアのアラン・パーソンズによって生み出された究極の音世界は圧巻。あまりにも象徴的なジャケットのアートワークはヒプノシスによって光のプリズムをモチーフにデザインされた。本作よりロジャー・ウォーターズがすべての歌詞を手がける。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

全米チャート・イン連続724週という記録を持つ、20世紀最大にして最後のプログレッシヴ・ロック・アルバムと称されている名盤。エモーショナルな女性ヴォーカルのスキャットなど、聴きどころ満載。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
93
★
★
★
★
☆
 
25
★
★
★
☆
☆
 
17
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
キャロル・キング「つづれおり」の302週...

投稿日:2021/03/01 (月)

キャロル・キング「つづれおり」の302週全米チャートランクインというとてつもない記録をも上回る、750週あしかけ15年もランクインするというギネスブックにも掲載されているアルバム。プログレッシブロックとはなんぞやという本には、必ずトップページにドンと居座る本作品。何がすごいのかと言われれば、よく分からない。よく分からないけど、すごいのです。カバー・アート集団ヒプノシスによるジャケットデザインもさることながら、アルバムタイトルの「狂気」、この一言に尽きる。四の五の言わずに、とりあえず真っ暗闇の部屋の中で聴いてみてください。

たまちゃん さん | 奈良県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ロックの歴史上、最も重要な作品だと思って...

投稿日:2021/02/23 (火)

ロックの歴史上、最も重要な作品だと思っています。「狂気」を超える作品って・・・思いつかない。メンバーたちの創作意欲、アイデア、ジャケットコンセプト、時代背景がマッチし、「ロック」とか「音楽」といった範疇を超越して、これはもう「哲学」なのでは?。私はそう捉えています。慣れ親しむと決して難解ではなく、むしろ聴きやすい。約40年に渡り、LPやCDで15回ほど購入してきました。SACD版が発売を楽しみにしています。

ロンちゃん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
 Immersion Boxset Limitedがセール価格...

投稿日:2013/08/11 (日)

 Immersion Boxset Limitedがセール価格で3,500円で、さらにポイント15倍とくれば手を出さずにおれません。ついでに、同じ値段のWish you were hereと10,500円のBox set も大人買いしてしまいました。まだ、BR-Rを観ているだけですが30年以上前に自分で組み立てたアンプとスピーカでLPの音に浸りきっていた昔を思い出します。  これまであまりプログレの企画ものには手を出さなかったのですが、おまけのブックレットもしっかりしており昔部屋に張っていたポスターなど観れて大満足しています。これからゆっくりリマスターのCDの音など聞き比べて行こうと思っていますが、この時点で言うことなしです。

大正おこし さん | 富山県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pink Floyd

ピンク・フロイドといえばキング・クリムゾン、イエス、ジェネシス 、EL&Pなどと並んでUKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築いたバンドであることはいうまでもないが、最近ならばレディオヘッドなどに代表されるどこか陰鬱な部分を持ったUKロックバンドを例える際に、必ずといっていいほど名前が用いられるのもまたピンク・フロイドである。

プロフィール詳細へ

Pink Floydに関連するトピックス

おすすめの商品