CD 輸入盤

Going Back

Phil Collins (フィル・コリンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7567.89244
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

2008年に表舞台からの引退を表明し、2009年には難病の手術を受けていたPhil Colinsが奇跡の復活!
全世界のファンが歓迎する、今回彼が選んだ新作のコンセプトは自らのルーツであるモータウンのヒット曲をカバーしたアルバム!

「僕の考えは、新しい要素を持ち込むことではなく。僕が初めてこれらの曲を聴いた時の音やフィーリングを再生することだった。
ファンク・ブラザースの存命の3人がバックですべての楽曲をプレイしているのだから最高さ。“ヒートウェーブ”をレコーディングしている時、幸せと驚嘆の波が僕に訪れるのを感じたよ。
このアルバムの製作中に、制作の技術やすばらしいソング・ライティングについて、今までの何よりも多くを学んだ。
開拓者たちに、大きな愛と感謝こめて」

とPhil Collinsは語っています。

1970年のGenesis加入以来、音楽キャリアは実に40周年を迎え、ますます充実した作品を私達に届けてくれるPhil Colinsの素晴らしき才能には敬意を表しましょう!
リリースまでお楽しみに!!

収録曲   

  • 01. Girl (Why You Wanna Make Me Blue)
  • 02. (Love Is Like A) Heatwave
  • 03. Uptight (Everything's Alright)
  • 04. Some Of Your Lovin'
  • 05. In My Lonely Room
  • 06. Take Me In Your Arms (Rock Me For A Little While)
  • 07. Blame It On The Sun
  • 08. Papa Was A Rolling Stone
  • 09. Never Dreamed You'd Leave In Summer
  • 10. Standing In The Shadows Of Love
  • 11. Do I Love You
  • 12. Jimmy Mack
  • 13. Something About You
  • 14. Love Is Here And Now You're Gone
  • 15. Loving You Is Sweeter Than Ever
  • 16. Going To A Go-go
  • 17. Talkin About My Baby
  • 18. Going Back

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
”Going Back”は、難病からの「生」への復...

投稿日:2010/10/04 (月)

”Going Back”は、難病からの「生」への復帰、 そして「音楽」への復帰、 そして、「大好きだった音楽を回顧する」といういろんな意味が含まれます。 大半がモータウンサウンドですが、 一部、ダスティ・スプリングフィールドやローラ・ニーロの、 現在の、甘甘ソウルミュージックより、 はるかに、ソウルに富んでいた人びとの、 作品も含まれています。 モータウンには、二人の名人職人ドラマーがいました ”パパジータ”ベニー・ベンジャミンと、”ピストル”リチャード・アレンです。 有名な、ドタバタドタバタの、「団扇太鼓」風のドラミングです。 それが、モータウンサウンドに荒々しさを加えていました。 フィルは本作でその本歌取りをしてます。 そういう、「団扇太鼓」風な、ぐんぐん前に進むリズムにのって、 難病を克服し、自分の大好きな音楽を歌うフィルの喜びが伝わってきます。 でも、よく考えれば、フィルって、 1980年代、「世界で最も忙しい男」として、 コンコルドで、大西洋の両岸を往復していたとき、 彼の「団扇太鼓」風ドラミングが、一世風靡してました。 彼のドラミングは、子どものころ、大好きで聴いていたモータウンから、 多いな影響を受けていたのでしょうね。 ともかく、音楽に一生を捧げた人の、音楽に一生を捧げたことへの、 喜びが伝わってきます。 こういう曲を聴くと、音楽は商品ではないことが実感できます デラックスバージョンには、 有名どころの曲がボーナストラックとして含まれていますが、 そうでないバージョンには、 ほんとに、「おつ」な曲が含まれています。 さらりと歌ってるんですが、 ホイットフィールド=ホランド ホランド=ドジャー=ホランド という、 モータウンの作曲チームの良さが、 よーく分かりますね。 曲が「強い」、そしてフィルの音楽への愛情が「強い」、 だから、派手なアレンジや、声を張り上げなくても、 心に響きます。

Mobius さん | 大阪府 | 不明

6
★
★
★
★
★
数曲試聴しましたが、やっぱり最高ですね。...

投稿日:2010/08/03 (火)

数曲試聴しましたが、やっぱり最高ですね。ジャケ写も気に入りました。海外ではいろんなタイプのパッケージでリリースされるようで、早速予約完了!フィルの場合、海外盤が豪華なので、日本盤と合わせて購入しています!

hiro さん | 福井県 | 不明

0
★
★
★
★
★
皆さんご存知の通り「 恋はあせらず」等 実...

投稿日:2010/07/28 (水)

皆さんご存知の通り「 恋はあせらず」等 実はカバーの名手であります。オリジナルを超えることは すごく難しいですが フィルの声は それを 超えるなにかが あります。期待しています。

チュウソン さん | 東京都 | 不明

1

Phil Collinsに関連するトピックス

おすすめの商品