CD 輸入盤

Multiple Flash

Pete Carr (ピートカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WOU6009
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Someday We Will
  • 02. Multiple Flash
  • 03. Take Away The Wheels
  • 04. Rings Of Saturn
  • 05. Canadian Sunset
  • 06. The Southern Cross
  • 07. Knockin' On Heaven's Door

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このアルバムが発表されたのは1978年ですの...

投稿日:2009/12/12 (土)

このアルバムが発表されたのは1978年ですので、LARRY CARLTONの「夜の彷徨」と同じ頃です。 いわゆる当時は、クロスオヴァーというジャンルにLARRY CARLTONは分類されておりましたが、このPETE CARRもアプローチの方法はLARRYと同じです。 このアルバムは、ラスト・ナンバーの7曲目のBob Dylanの名曲でEric Claptonのカヴァーでも有名な”Knockin’ On Heaven’s Door”を除きインスト中心のアルバムとなっております。 とにかく、最高の1枚で、LARRYの”(It Was) Only Yesterday”を彷彿させる、いや、それ以上いかしたバラード・ナンバーの”Someday We Will”を1曲目に持ってくるセンスは抜群で、良く伸びるトーンと美しいフレージングはもう堪りません状態です。ギター・インスト物のバラードの中でも最高の部類に入るのは間違い無しです。このPETE CARRのような美しいフレーズを奏でることが出来るのは、最近、2ndソロを出したMICHAEL THOMPSONぐらいしかいないかも。本当に、シビレル1曲です。 2曲目のタイトル・ナンバー”Multiple Flash”は、バックのキーボードがカッコ良いクロスオヴァーしたナンバーです。PETEのギターも結構弾いていて、最高のナンバーです。 3曲目の”Take Away The Wheels”は、とてもファンキーなナンバーです。ここでもPETEの流れるようなギターソロは最高にカッコ良いです。また、バックのサックスとの絡みが聴きものです。 4曲目の”Rings Of Saturn”はLARRYにも劣るということが全く無いクロスオヴァーしたインストルメンタル・ナンバーで言うことありません。 5曲目の”Canadian Sunset”はゆったりした感じのナンバーで、タイトルの「カナダの夕日」を想像させる壮大感のあるナンバーに仕上がっております。 6曲目の”The Southern Cross”は出だしはスローで、その後はテンポがアップしますが、再び伸びやかなPETEのギターを聴けるナンバーです。 ラストナンバーの7曲目”Knockin’ On Heaven’s Door”は9分強のナンバーですが、PETEのギターと彼のヴォーカルを十分堪能できます。歌はそれほどでもありませんが、ギター・ソロは圧巻です。

cream6600 さん | 北海道 | 不明

2
★
★
★
★
☆
待ちに待った、CD発売で嬉しいのですが、...

投稿日:2009/11/20 (金)

待ちに待った、CD発売で嬉しいのですが、この価格ちょっと高すぎませんか?私は、アナログ時代(LPは、こっちに移住する時に友人にプレゼントしました)からのファンなので買いますが、私みたいな人達しか購入しないでしょうね。内容は、確か、ボブディランの天国の扉?が一番印象に残ってます。価格をせめて2千円代に改定してほしいものです!

shurunkenheads さん | AUSTRALIA | 不明

0

おすすめの商品