CD

Take Me Down

Pepe California + TAKEDA KAORI

基本情報

カタログNo
:
PPC005
組み枚数
:
1
レーベル
:
PPC
:
日本
フォーマット
:
CD
参加人物・団体
:

商品説明

Pepe CaliforniaとTICAの武田カオリがコラボ!! TICAのカバー「Night Guitar」収録!

初めてPepe Californiaと武田カオリが出会ったのは、2000年の青山CAYで開催されたライブイベント。武田はTICAのボーカリストとして、そしてPepe Californiaはデビュー作を出したばかりの頃だった。それ以降、2組はマイペースに活動しながら、時折イベントで顔をあわせ、親交を深めていった。というより、ご近所の友人として代々木八幡の「NEWPORT」や「Little Nap COFEE STAND」で、主に世間話、時々音楽話に花を咲かせていたという。

そして、2018年の夏。Pepe Californiaと武田カオリは、銀座ソニーパークがオープンした時のスペシャルライブで初共演することに。共演ライブが評判を呼び、夏から秋に掛けて各地方で行われるフェスに続けて参加し、そのままの勢いでレコーディングに入ることに。当初はPepe Californiaのトラックに武田がメロディと歌詞をつけて歌っていたものの、それでは飽き足らず、完全にオリジナルの楽曲が仕上がっていく。1ヶ月ほどかけてレコーディングした5曲を、この度『Take Me Down』として、10月2日にリリースする運びとなった。

まず冒頭の「Take Me Down」は、ゆったりしたイーンブンキックのドラムとアコースティックギターのカッティングがリズムを構成。その上を舞うような武田の伸びやかな声と、スティールパンの音色が鮮やかな一曲。続いては、Pepe Californiaの「MFMFD」に武田がメロディをつけ、再度アレンジした「Your Name」。靄がかったシンセのアルペジオと凛としたボーカル「In The Twilight」は、デモの段階ではPepeの「Born Sleepy」(2014年) に武田がメロディをつけたものだったが、最終的に新たなトラックに差し替わったという。そして、武田が所属するTICAが2001年に発表した「Night Guitar」のカバー。タフなドラムと太いべースラインのアレンジが、武田の声の強さを引き出している。最後は「Take Me Down」の武田による引き語り。


(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

東京代表多幸感ダンス・バンド、Pepe CaliforniaとCMソングの女王・武田カオリのコラボ・アルバム。夢のような音で極上のリード曲「Take Me Down」やTICAのカヴァーなどを収める。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Take Me Down
  • 02. Your Name
  • 03. In The Twilight
  • 04. Night Guitar
  • 05. Take Me Down (Piano)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品