CD 輸入盤

Live In Europe

Otis Redding (オーティス・レディング)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7567.90395
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1967
フォーマット
:
CD

商品説明

不世出のR&Bシンガー、オーティス・レディングが飛行機事故で亡くなる年、67年に残した歴史的ライヴ。本作はStaxのレヴューからOtisが歌ったものを集めて編集されたものとされています。タイトなバック演奏はもちろんMG's。
代表作"Respect"でいきなり唾出しまくりの絶唱オーティス節炸裂、“ガッタガッタ”がこの上なく黒い"I Can't Turn You Loose"と続き、熱いものが胸にこみあげてくるような"I've Been Loving You Too Long"へと流れていきます。
その他、"Try A Little Tenderness"を始め、テンプテーションズ、ローリング・ストーンズ、ビートルズ等のカヴァー等、全10曲を収録。まるで自分もその場にいるかのような気分にさせてくれる観客の歓声や拍手もアルバムを盛り上げています。

収録曲   

  • 01. Respect (03:43)
  • 02. Can't Turn You Loose (03:28)
  • 03. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now) (04:07)
  • 04. My Girl (02:42)
  • 05. Shake (02:56)
  • 06. Satisfaction (03:00)
  • 07. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song) (04:04)
  • 08. These Arms of Mine (03:47)
  • 09. Day Tripper (03:05)
  • 10. Try a Little Tenderness (05:07)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
何より歌と演奏の一体感、43年の時を超えて...

投稿日:2010/01/17 (日)

何より歌と演奏の一体感、43年の時を超えて今聞いても素晴らしいLIVE。まさにソウルミュージックのパイオニア、屈指のボーカリストである。楽曲的に彼の代表曲、得意曲を網羅した熱い演奏が聴ける。デジタルリマスター盤ではあるが、ベース音が非常に高すぎて、せっかくのオーティスの声が中に隠れてしまって殆ど聞けない部分もあり、作品自体の評価は高いが、音の面でかなり残念であった。

1
★
★
★
★
★
オーディエンスと一体感の抜群のライブ。以後、彼を...

投稿日:2009/04/27 (月)

オーディエンスと一体感の抜群のライブ。以後、彼を越えるソウルシンガーは等分の間、出現しないだろう。”ライブイン パリ&ロンドンも必聴です。

masa さん | 群馬県 | 不明

1
★
★
★
★
★
“Try A Little Tenderness”の盛り上がり...

投稿日:2007/05/07 (月)

“Try A Little Tenderness”の盛り上がりようはただごとではありません。ポピュラー音楽は30年以上聴いていますが、私の知る限り、これほど高揚感がある曲はないでしょう。この曲に匹敵するのは、ワーグナーの「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲くらいしか思いつきません。

ハモンド さん | 香川 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Otis Redding

サム・クックのカヴァー「Shake」、ベニー・グッドマンのカヴァー「Glory Of Love」のヒットを経て、結果的には生前最後のシングルとなった「Knock On Wood」を残してオーティスは突如この世を去る。、まだ26歳という若さでこの世を去ってしまった偉大なるR&Bシンガー、オーティス・レディング。その活動は僅か7年ながら、彼が残した功績は20世紀の音楽史に深く刻み込まれている。

プロフィール詳細へ

Otis Reddingに関連するトピックス

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品