CD 輸入盤

ラヴェル:ボレロ、コダーイ:ガランタ舞曲、他 フェレンツ・フリッチャイ&シュトゥットガルト放送交響楽団、マルグリット・ウェーバー(1955)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SWR19070CD
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

フリッチャイの精悍にして鋭いライヴ!
凝った選曲にも注目


1955年10月の「軽音楽週間」でのライヴ録音がSWRのアーカイヴより登場。軽音楽と言ってももちろん今日でいうポップスのことではなく、比較的軽く聴けるクラシック音楽といった意味合いですが、フィリッチャイのプログラムはより踏み込んだものとなっており、有名な『ボレロ』の他は、得意としたコダーイなど通常は演奏機会の多くないものを組み合わせた、独自性高く興味深いものとなっています。なかでもベルント・アロイス・ツィンマーマン[1918-1970]の『カボクロ』はフリッチャイの録音として初登場のレパートリーであり、同時代の音楽に深い理解をみせた彼だけに注目です。『ブルレスケ』とオネゲル『コンチェルティーノ』のソリストは、同時期にベルリン放送響と行われたDGへの録音と同じマルグリット・ウェーバーが担当。
 SWRのオリジナルテープから、丁寧なリマスターを施されています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ロッシーニ:『ランスへの旅』序曲
2. R.シュトラウス:ブルレスケ
3. コダーイ:ガランタ舞曲
4. ツィンマーマン:カボクロ〜ブラジルの肖像(バレエ組曲『アラゴアナ』より)
5. オネゲル:ピアノと管弦楽のためのコンチェルティーノ
6. ラヴェル:ボレロ


 マルグリット・ウェーバー(ピアノ:2,5)
 南ドイツ放送交響楽団(シュトゥットガルト放送交響楽団)
 フェレンツ・フリッチャイ(指揮)

 録音時期:1955年10月10日
 録音場所:シュトゥットガルト、ヴィラ・ベルク
 録音方式:モノラル(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Orchestral Concertに関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品