CD 輸入盤

メトロポリタン歌劇場新開館シーズン1966-67公演ライヴ〜10のオペラ全曲&ハイライト(22CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1135701822
組み枚数
:
22
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


メトロポリタン歌劇場新開館シーズン1966-67公演ライヴ(22CD)

1966年9月16日に、現在のメトロポリタン歌劇場は、レオンティーン・プライスとフスティーノ・ディアスらによって、バーバーの『アントニーとクレオパトラ』の世界初演でリンカーンセンター内に開館されました。この時に、演劇の可能性の新しい時代を迎えたのでした。
 メトロポリタン歌劇場のアーカイブより、そのシーズンから10の演目のライヴを収録したものです。ディスク22は、それ以外の演目からのハイライト盤です。当時の放送用音源と共用されていたため、収録音源はすべてモノラルとなっております。歌詞対訳は付属しません。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1-2
● バーバー:歌劇『アントニーとクレオパトラ』全曲


 レオンティーン・プライス
 フスティーノ・ディアス
 ジェス・トーマス、他
 トマス・シッパース(指揮)

 録音時期:1966年9月16日

Disc3-4
● プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』全曲


 ビルギット・ニルソン
 フランコ・コレッリ
 ミレッラ・フレーニ
 ボナルド・ジャオッティ、他
 ズービン・メータ(指揮)

 録音時期:1966年12月3日

Disc5-7
● R.シュトラウス:歌劇『影のない女』全曲


 レオニー・リザネク
 クリスタ・ルートヴィヒ
 アイリーン・ダリス
 ジェイムズ・キング
 ヴァルター・ベリー、他
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1966年12月17日

Disc8-9
● ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』全曲


 ジョーン・サザーランド
 リチャード・タッカー
 アンセルモ・コルツァーニ
 ニコラ・ギュゼレフ、他
 リチャード・ボニング(指揮)

 録音時期:1966年12月31日

Disc10-11
● ブリテン:歌劇『ピーター・グライムズ』全曲


 ジョン・ヴィッカーズ
 ルシーン・アマーラ
 ジェレイント・エヴァンス、他
 サー・コリン・デイヴィス(指揮)

 録音時期:1967年2月11日

Disc12-13
● モーツァルト:歌劇『魔笛』全曲


 ジュディス・ラスキン
 ロバータ・ピーターズ
 ジョージ・シャーリー
 セオドア・アップマン
 ジョン・マカーディ、他
 ヨーゼフ・クリップス(指揮)

 録音時期:1967年3月4日

Disc14-15
● ヴェルディ:歌劇『オテロ』全曲


 ジェイムズ・マクラッケン
 モンセラート・カバリエ
 ティト・ゴッビ、他
 ズービン・メータ(指揮)

 録音時期:1967年3月11日

Disc16-17
● プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』全曲


 レナータ・スコット
 ジョージ・シャーリー
 ロン・ボッチャー、他
 フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ(指揮)

 録音時期:1967年3月18日

Disc18-19
● ヴェルディ:歌劇『リゴレット』全曲


 コーネル・マックニール
 ロバータ・ピーターズ
 ニコライ・ゲッダ
 ボナルド・ジャオッティ
 ベレン・アンパラン、他
 ランベルト・ガルデッリ(指揮)

 録音時期:1967年4月8日

Disc20-21
● ヴェルディ:歌劇『アイーダ』全曲

 レオンティーン・プライス
 カルロ・ベルゴンツィ
 グレース・バンブリー
 ロバート・メリル、他
 トーマス・シッパース(指揮)

 録音時期:1967年2月25日

Disc22『メト1966-67ハイライト』
● オープニング出演者インタビュー(録音時期:1966年9月16日)

● モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』より「ドン・オッターヴィオ、私死にそうだわ」
 ジョーン・サザーランド、ニコライ・ゲッダ、カール・ベーム指揮(録音時期:1967年1月28日)

● ポンキエッリ:歌劇『ジョコンダ』抜粋
 レナータ・テバルディ、ロザリンド・エリアス、他、ファウスト・クレヴァ指揮(録音時期:1967年4月15日)

● ワーグナー:歌劇『ローエングリン』より「森の女占い師よ! お前はまたも神秘の力で」
 ヴァルター・ベリー、クリスタ・ルートヴィヒ、カール・ベーム指揮(録音時期:1967年1月21日)

● プッチーニ:歌劇『ボエーム』より「あなたの愛の呼ぶ声に」
 テレサ・ストラータス、ファウスト・クレヴァ指揮(録音時期:1967年2月4日)

● ヴェルディ:歌劇『椿姫』抜粋
 アンナ・モッフォ、ロバート・メリル、ジョルジュ・プレートル指揮(録音時期:1967年3月25日)

● ヴェルディ:歌劇『トロヴァトーレ』抜粋
 ロバート・メリル、リチャード・タッカー、マーティナ・アローヨ、フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ指揮(録音時期:1967年2月18日)

● R.シュトラウス:歌劇『エレクトラ』抜粋
 ビルギット・ニルソン、レジーナ・レズニック、トマス・シッパース指揮(録音時期:1966年12月10日)

● マーヴィン・デイヴィッド・レヴィー:歌劇『喪服の似合うエレクトラ』より「Forgive me - He takes my place」
 マリー・コリアー、ジョン・リアドン、イヴリン・リアー、シェリル・ミルンズ、ズービン・メータ指揮(録音時期:1967年4月1日)

 メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団

 録音方式:モノラル(ライヴ)
 こちらの商品の発売元は「メトロポリタン歌劇場」です。USプレス盤となります。限定盤。(輸入元情報)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Barber: Antony and Cleopatra

ディスク   2

  • 01. Schippers; Price, Daz, Thomas

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
予想以上に録音は、モノラルながらクリアで...

投稿日:2017/08/24 (木)

予想以上に録音は、モノラルながらクリアで、昔の海賊盤のようなひどいものではない。歌手の声がオケより前に出ていて、聞きやすい。アイーダはメトロポリタンのヴェルデイライヴボックスと重なるが、仕方あるまい。値段が安くなって買特感は大。オールスターキャストで懐かしさもひとしお。LP時代なら高くて手もでなかっただろう、ありがたい反面、買い物中毒を助長してくれる。演奏は期待通り、悪くない。

angel さん | 東京都 | 不明

3

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品