CD 輸入盤

クラウディオ・アバド〜オペラ・エディション(60CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4798008
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


巨匠アバドのオペラ完全録音集を60枚組BOXで

クラウディオ・アバドのキャリアにおいてドイツ・グラモフォンとのつながりは40年以上に及びます。彼は20世紀後半の交響曲指揮者の中でも最も偉大な一人であるとともに劇場指揮者としても重要な存在でした。そして彼が遺した多くのオペラ録音は現代のカタログの中でも格別のものであり続けています。特に3人の偉大な作曲家、モーツァルト、ロッシーニ、ヴェルディのオペラはアバドのオペラ録音の重要な柱となっています。
 大好評を博した『クラウディオ・アバド〜シンフォニー・エディション』に続いて、彼のオペラ録音を集成した『オペラ・エディション』が完成しました。CD60枚にまとめられたDGとDeccaに残されたマエストロのオペラ完全録音集です。20タイトルのオペラ全曲盤にアリア・コレクション、序曲集、2つのガラ・リサイタルが収録されています。共演のオーケストラは、アバドと関係が深かったモーツァルト管弦楽団、ヨーロッパ室内管弦楽団、ロンドン交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、マーラー・チェンバー・オーケストラ、ルツェルン祝祭管弦楽団と幅広く、それぞれの演奏をお楽しみいただけます。アバド最後のオペラ録音となったルツェルン音楽祭でのライヴ録音による『フィデリオ』(Decca録音)も収録されています。(輸入元情報)

【収録情報】

Disc1-2
● モーツァルト:歌劇『魔笛』 K.620 全曲


 ドロテア・レシュマン、エリカ・ミクローザ(ソプラノ)
 クリストフ・シュトレール(テノール)
 ハンノ=ュラー・ブラッハマン(バス・バリトン)
 ルネ・パーペ(バス)、他
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 マーラー・チェンバー・オーケストラ
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2005年

Disc3-5
● モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527 全曲


 カルメラ・レミージョ、ソイレ・イソコスキ(ソプラノ)
 ウーヴェ・ハイルマン(テノール)
 ブリン・ターフェル(バス・バリトン)
 サイモン・キーンリーサイド、イルデブランド・ダルカンジェロ(バリトン)
 マッティ・サルミネン(バス)
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1997年

● モーツァルト:オペラ・アリア集
(『フィガロの結婚』『イドメネオ』『ドン・ジョヴァンニ』より)

 アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2005年(2)

Disc6-8
● モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』 K.492 全曲


 シルヴィア・マクネアー、シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 チェチーリア・バルトリ(メゾ・ソプラノ)
 ボイエ・スコウフス、ルチオ・ガッロ(バリトン)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1994年

Disc9-10
● ベートーヴェン:歌劇『フィデリオ』 Op.72 全曲


 ニーナ・シュテンメ、レイチェル・ハルニッシュ(ソプラノ)
 ヨナス・カウフマン、クリストフ・シュトレール(テノール)
 クリストフ・フィシェッサー(バス)
 ファルク・シュトルックマン(バス・バリトン)、他
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 ルツェルン祝祭管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2010年(DECCA原盤)

Disc11
● ロッシーニ:序曲集

(『セヴィリャの理髪師』『セミラーミデ』『アルジェリアのイタリア女』『ウィイリアム・テル』『チェネレントラ』『絹のはしご』『泥棒かささぎ』)

 ヨーロッパ室内管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1989年

Disc12-13
● ロッシーニ:歌劇『アルジェリアのイタリア女』全曲


 アンナ・ゴンダ、パトリツィア・パーチェ(ソプラノ)
 アグネス・バルツァ(メゾ・ソプラノ)
 ルッジェーロ・ライモンディ(バス)
 アレッサンドロ・コルベッリ、エンツォ・ダーラ(バリトン)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1987年

Disc14-15
● ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』全曲


 テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)
 ルイジ・アルヴァ(テノール)
 ヘルマン・プライ(バリトン)
 エンツォ・ダーラ、パオロ・モンタルソロ(バス)、他
 ロンドン交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1971年

Disc16-17
● ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』全曲


 キャスリーン・バトル(ソプラノ)
 プラシド・ドミンゴ(バリトン)
 フランク・ロパード(テノール)
 ルチオ・ガッロ(バリトン)
 ルッジェーロ・ライモンディ(バス)、他
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1992年

Disc18-19
● ロッシーニ:歌劇『チェネレントラ』全曲


 テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)
 ルイジ・アルヴァ(テノール)
 レナート・カペッキ、パオロ・モンタルソロ(バス)、他
 ロンドン交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1971年

Disc20-21
● ロッシーニ:歌劇『ランスへの旅』全曲


 チェチーリア・ガスディア(ソプラノ)
 ルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニ(メゾ・ソプラノ)
 エドゥアルド・ヒメネス(テノール)
 サミュエル・レイミー(バス)、他
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1984年

Disc22-23
● シューベルト:歌劇『フィエラブラス』 D.796 全曲


 カリタ・マッティラ、チェリル・ステューダー(ソプラノ)
 ロバート・ギャンビル、ヨゼフ・プロチュカ(テノール)
 トーマス・ハンプソン(バリトン)、他
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1988年

Disc24
● ワーグナー:管弦楽曲集

(『タンホイザー』序曲、『パルジファル』より前奏曲、「聖金曜日の音楽」「聖金曜日の奇蹟」「鳴り響く鐘と騎士たちの入城」「パルジファルが聖槍を高く掲げる」、『トリスタンとイゾルデ』前奏曲と「愛の死」)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2000年、2002年

Disc25-27
● ワーグナー:歌劇『ローエングリン』全曲


 シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 ヴァルトラウト・マイアー(メゾ・ソプラノ)
 ジークフリート・イェルザレム(テノール)
 アンドレアス・シュミット(バリトン)
 クルト・モル(バス)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1991年

Disc28
● ワーグナー:オペラ・アリア集

(『さまよえるオランダ人』『ニュルンベルクのマイスタージンガー』『タンホイザー』『パルジファル』『ワルキューレ』より)

 ブリン・ターフェル(バス・バリトン)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2000年、2001年

Disc29
● 『ワーグナー・ガラ』

(『タンホイザー』『ローエングリン』『ニュルンベルクのマイスタージンガー』『ワルキューレ』より)

 シェリル・ステューダー(ソプラノ)
 ブリン・ターフェル(バス・バリトン)
 ヴァルトラウト・マイアー(メゾ・ソプラノ)
 ジークフリート・イェルザレム(テノール)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1993年

Disc30
● ヴェルディ:序曲、前奏曲集

(『運命の力』『ルイザ・ミラー』『ナブッコ』『アイーダ』『シチリアの夕べの祈り』序曲、『椿姫』第1、3幕前奏曲、『マクベス』よりバレエ音楽、『ドン・カルロ』第2幕前奏曲)

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1996年

Disc31-32
● ヴェルディ:歌劇『マクベス』全曲


 シャーリー・ヴァーレット、ステファニア・マラグー(メゾ・ソプラノ)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 ピエロ・カプッチッリ(バリトン)
 ニコライ・ギャウロフ(バス)、他
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1976年

Disc33-34
● ヴェルディ:歌劇『シモン・ボッカネグラ』全曲


 ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
 ホセ・カレーラス (テノール)
 ピエロ・カプッチッリ(バリトン)
 ニコライ・ギャウロフ(バス)
 ジョゼ・ヴァン・ダム、ジョヴァンニ・フォイアーニ(バス)
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1977年

Disc35-36
● ヴェルディ:歌劇『仮面舞踏会』全曲


 カーティア・リッチャレッリ、エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ)
 エレーナ・オブラスツォワ(メゾ・ソプラノ)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 レナート・ブルゾン(バリトン)、他
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1980年

Disc37-40
● ヴェルディ:歌劇『ドン・カルロ』全曲


 カーティア・リッチャレッリ(ソプラノ)
 ルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニ(メゾ・ソプラノ)
 アン・マレイ(メゾ・ソプラノ)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 レオ・ヌッチ(バリトン)
 ルッジェーロ・ライモンディ(バス)
 ニコライ・ギャウロフ(バス)
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1982年

Disc41-42
● ヴェルディ:歌劇『アイーダ』全曲


 カーティア・リッチャレッリ(ソプラノ)
 エレーナ・オブラスツォワ(メゾ・ソプラノ)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 レオ・ヌッチ(バリトン)
 ニコライ・ギャウロフ(バス)
 ルッジェーロ・ライモンディ(バス)
 ルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニ(メゾ・ソプラノ)、他
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1981年

Disc43-44
● ヴェルディ:歌劇『ファルスタッフ』全曲


 アドリアンネ・ピエチョンカ、ドロテア・レシュマン(ソプラノ)
 ラリッサ・ディアドコヴァ(コントラルト)
 ダニール・シュトーダ(テノール)
 ブリン・ターフェル(バス・バリトン)
 トーマス・ハンプソン(バリトン)、他
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2001年

Disc45
● ヴェルディ:オペラ合唱曲集

(『ナブッコ』『トロヴァトーレ』『オテロ』『エルナーニ』『アイーダ』『マクベス』『十字軍のロンバルディア人』『ドン・カルロ』『仮面舞踏会』『シモン・ボッカネグラ』『レクィエム』より)

 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1974年

Disc46
● ヴェルディ:オペラ・アリア集

(『ルイーザ・ミラー』『十字軍のロンバルディア人』『アイーダ』『エルナーニ』『仮面舞踏会』『オテロ』『運命の力』『マクベス』『イェルサレム』『トロヴァトーレ』より)

 ロベルト・アラーニャ(テノール)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1997年

Disc47
● ヴェルディ:オペラ名場面集

(『ナブッコ』『マクベス』『シチリア島の夕べの祈り』『シモン・ボッカネグラ』より)

 ニコライ・ギャウロフ(バス)
 アンブロジアン・シンガーズ
 ロンドン交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1969年(DECCA原盤)

Disc48-50
● ビゼー:歌劇『カルメン』全曲


 テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 シェリル・ミルンズ(バリトン)
 イレアナ・コトルバス(ソプラノ)、他
 アンブロジアン・シンガーズ
 ロンドン交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1977年

● ビゼー:歌劇『カルメン』より(ボーナス・トラック)

 アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ)
 ロベルト・アラーニャ(テノール)
 ブリン・ターフェル(バス・バリトン)
 ヴェロニカ・ジャンス(ソプラノ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1997年

Disc51-52
● ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』全曲


 マリア・ユーイング(ソプラノ)
 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 フランソワ・ル・ルー(バリトン)
 ジョゼ・ヴァン・ダム、ジャン=フィリップ・クルティス(バス)、他
 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1991年

Disc53-55
● ムソルグスキー:歌劇『ホヴァンシチナ』全曲


 ヴラディーミル・アトラントフ、ヴラディーミル・ポーポフ(テノール)
 オーゲ・ハウグランド、アナトリー・コチェルガ(バス)、他
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1989年

● ムソルグスキー:ヨシュア

 エレーナ・ザレンバ(メゾ・ソプラノ)
 プラハ・フィルハーモニー合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1993年

Disc56-57
● ベルク:歌劇『ヴォツェック』全曲


 ヒルデガルト・ベーレンス(ソプラノ)
 ハインツ・ツェドニク、フィリップ・ラングリッジ、ヴァルター・ラファイナー(テノール)
 フランツ・グルントヘーバー(バリトン)
 オーゲ・ハウグランド(バス)、他
 ウィーン少年合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1987年

Disc58
● 『花から花へ〜イタリア・オペラ名曲集』

(『椿姫』(ヴェルディ)、『夢遊病の女』『清教徒』(ベッリーニ)、『ランメルモールのルチア』(ドニゼッティ)、『オテロ』(ヴェルディ)、『ジャンニ・スキッキ』(プッチーニ)より)

 アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)
 マーラー・チェンバー・オーケストラ
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2004年

Disc59
● 『憧憬〜ドイツ・アリア集』

(『ローエングリン』『ヴァルキューレ』『パルジファル』(ワーグナー)、『魔笛』(モーツァルト)、『フィエラブラス』(シューベルト)、『フィデリオ』(ベートーヴェン)より)

 ヨナス・カウフマン(テノール)
 マーラー・チェンバー・オーケストラ
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:2008年

Disc60
● 『ベルリン・ガラ1998』

(『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』『3つのドイツ歌曲』(モーツァルト)、『アルルの女』第2組曲(ビゼー)、『運命の力』『リゴレット』『仮面舞踏会』(ヴェルディ)、『エフゲニ・オネーギン』(チャイコフスキー)、『椿姫』(ヴェルディ)より)

 クリスティーネ・シェーファー、ミレッラ・フレーニ(ソプラノ)
 サイモン・キーンリーサイド(バリトン)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音:1998年

収録曲   

  • 01. Overture
  • 02. Jetzt, Schtchen, jetz sind wir allein
  • 03. Seit Fidelio bei uns ist
  • 04. O wr' ich schon mit dir vereint
  • 05. Ich tusche die Menschen
  • 06. Mir ist so wunderbar
  • 07. Marzelline und Fidelio haben sich offensichtlich recht lieb
  • 08. Hat man nicht aud Gold beineben
  • 09. In den finstersten Gewolben sitzt ein Gefangener
  • 10. Gut, Sohnchen, gut
  • 11. Marsch
  • 12. Etwas Neues vorgefallen?
  • 13. Ha! Welch ein Augenblick!
  • 14. Und nun zu dir mein lieber Rocco,
  • 15. Jetzt, Alter, hat es Eile!
  • 16. Abscheulicher! Wo eilst du hin?
  • 17. Wie Fidelio das wieder geschafft hatte war mir
  • 18. ein Rtsel, 18. O welche Lust
  • 19. Nun sprecht, wie ging's?
  • 20. Ach, Vater, eilt!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
クラウディオ・アバドがDGに録音したオペラ...

投稿日:2018/12/24 (月)

クラウディオ・アバドがDGに録音したオペラ関連の作品集をセットにしたもの。かなりのボリュームなのだが、内容は素晴らしい。まずおススメはロッシーニ。アバドは1970年代の「ロッシーニルネサンス」の中心になった一人であり、新録と旧録の2つが収められている「セビリアの理髪師」はどちらも質が高いし、実に150年ぶりの再演となった「ランスの旅」の録音も入っている。モーツァルトは全体的にすっきり系で、古い時代のオペラ演奏とは違う。ミラノスカラ座の豪華な演奏家たちに支えられたヴェルディは圧倒的で、イタリアならではの強みがあふれている。ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」は洗練されたセンスのよい演奏である。全体的に歌手陣も豪華である。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
なぜオリジナルジャケットを採用しなかった...

投稿日:2017/09/17 (日)

なぜオリジナルジャケットを採用しなかったのだろう。残念でならない。

19

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品