Mountain
新商品あり

Mountain (マウンテン) レビュー一覧

Mountain | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

140件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • Official Live Bootleg Series Vol.3より曲数が多いで...

    投稿日:2019/07/31

    Official Live Bootleg Series Vol.3より曲数が多いです。リマスターされていてなかなか聞けます。パパラルディのもう少し迫力のある歪んだベースが聴きたい。 Laslie West(vo,g), Felix Pappalrdi(vo,b),Corky Laing(ds),Steve perry(rhythmg) 1973.12.30 New Jersey

    selim sivad さん |50代

    0
  • レズリー・ウエストは間違いなくヘビーロック史で落と...

    投稿日:2013/08/11

    レズリー・ウエストは間違いなくヘビーロック史で落とせないギタリスト(しかも現役)であるのに、マウンテンの印象を一言で言え、と問いかけられれば苦労します。古い言葉でアート・ロックという名のとおりのテーマの文学性。フェリックス・パパラルディの粒立ちのはっきりしたベース、メロディライン。ヘビーロックなのに彩りあるピアノ。時折先祖がえりしてしまうロックンロール。これらのイメージが拡散していて、自分はなかなかマウンテンのユーザーになれませんでした。よくクリームを継承するグループと言われますが、クリームのインプロ神話を引き継いでいるわけでもありません。 断言できるのは、米国ヘビーロックに珍しく悲観的で暗い世界を展開しているところです。クリームがよく表現していたテーマは、このままではどんどん世界が悪くなっちまう…というものでしたので、その意味では承継するグループです。ところがレズリー・ウエストのギターは泣きのギター、というよりは、ぐいぐいとバンドを引っ張っていってしまうギターです。しかもギター・メロと全体のアンサンブルが麻薬のような味わいを持っているのです。なかなかメロディを覚えられないけれど、クセになる重層的な音の魅力です。 この作品は、彼らの計算したスタジオ録音と、破天荒なライブが両方収められています。ZZトップの「ファンダンゴ」も同じような構成ですけれど、勢いがあるときというものは、こうした無茶苦茶な構成でも説得力あるものです。あと蛇足ですが、我が国のフォークってこのバンドのメロディの作り方の影響をとても受けていると思うんです。吉田拓郎好きな人は5. Pride And Passion を懐かしく思える気がします。

    tasuke さん |50代

    0
  • 改めて今聴き直すと…戦慄の傑作であります。彼らの特...

    投稿日:2013/08/11

    改めて今聴き直すと…戦慄の傑作であります。彼らの特徴は、ブルーズに影響を受けたところがみじんもなく、リアリティのある虚構を積み上げていく手法で曲をつくるところ。ユーザーと一体となって乗る音楽というより、ステージの上からアジテーションする音楽で、クイーンの虚構性にとても似ていると思います。 この作品でハルフォードのすごいボイスや、アレンジの妙に驚くのですが、さらに唸らされるのが録音の妙です。ボイスやギター、ドラムズの音を、ときどき残響デッドな状態で録音していて、音像が立体的です。目をつぶるとハルフォードの首がスピーカーから突き出しているのかと錯覚するぐらいです。ドラマチックな展開でたたみかけてくる1. Victim Of Changesがまずすごいですし、さらに中だるみせず劇的な曲たちのオンパレード。通常の音盤の1.5倍ぐらいのボリュームに感じてしまいます。

    tasuke さん |50代

    0
  • 発売時はLPレコード盤で、「A面がスタジオ録音」で...

    投稿日:2013/02/04

    発売時はLPレコード盤で、「A面がスタジオ録音」で「B面がライブ録音」という構成だった事も当時は話題となった。A−3のONE LAST COLD KISS の 中で繰り返し演奏され耳に残る「SWANのテーマ」というのがある。これがB面ライブの後半、FELIXがベースでチョーキング&フィードバックを派手にやって注目されている......とそのときに「SWANのテーマ」がベースだけで引用される。その後はベースとギターで「掛け合い的フレーズの応酬」となり盛り上がりライブはさらに進行して行く。そんなところがスリリングでもあり、醍醐味でもあった。マウンテンが「実力有るライブ・バンドなんだ!」と世界に示した名盤といえるのではないだろうか。

    chorale さん

    0
  • マウンテンを知らない人が初めて聴くならコレ「CLIMBI...

    投稿日:2013/02/04

    マウンテンを知らない人が初めて聴くならコレ「CLIMBING!」イチオシです!「想像されたウェスタンのテーマ」や「ヤスガーの農場」は最高です。そして隠れた名曲「バンドの少年」でのレズリーのギタープレイは幾何学的フレーズと云われた傑作と言えます。あのシンプルなギターLPジュニアの無限の可能性を示唆した素晴らしいプレイ!流麗なフレーズ組み立てとジュニアトーンを楽しんで下さい。

    chorale さん

    1
  • ※[古臭いハード・ロックだと思う]に丸を付けた方・・...

    投稿日:2012/10/24

    ※[古臭いハード・ロックだと思う]に丸を付けた方・・・危険な徴候です。今すぐこのアルバムを一日2回、服用して下さい。なお、副作用があった場合につき、責任者フェリックス・パッパラルディは天国におりますので、当方は一切責任を負いません。ご了承下さいませ。

    アンビエント風しょう油 さん |30代

    0
  • マウンテンを知らない人が初めて聴くなら「CLIMBING!...

    投稿日:2012/09/25

    マウンテンを知らない人が初めて聴くなら「CLIMBING!」イチオシです! 「想像されたウェスタンのテーマ」や「ヤスガーの農場」は最高です。 そして隠れた名曲「バンドの少年」でのレズリーのギタープレイは幾何学的フレーズと云われた傑作と言えます。あのシンプルなギターLPジュニアの 無限の可能性を示唆した素晴らしいプレイ!流麗なフレーズ組み立てとジュニアトーンを楽しんで下さい。

    chorale さん |50代

    0
  • 「Eruption」のDisc 1. Live in NYC (1985)に、Disc 2...

    投稿日:2011/09/18

    「Eruption」のDisc 1. Live in NYC (1985)に、Disc 2.の”For Yasgur’s Farm”(Live in Europe 2003)を足したアルバム。このパッケージ自体には何のクレジットもないです。

    moto さん |30代

    1
  •  アルバムとしては全曲聴いたことがない。ただ、この...

    投稿日:2011/06/22

     アルバムとしては全曲聴いたことがない。ただ、この中に入っている「暗黒への旅路」という邦題の曲は結構ヒットして、自分も高校生時代にコピーをしたことがあって思い出深い。マウンテンは英国のハードロックバンド全盛時代に数少ない米国のハードロックバンドとして好きだった。アルバムのジャケットデザインもいいし。  ただ、レスリー・ウェストがあんなに巨漢だとは思わなかったし、フェリックス・パパラルディが結構おじさんだったのにはあとで驚いたけれどもね。

    秘伝極意 さん |50代

    0
  • エレキギター音を歪ませてけたたましく弾きまくる様は...

    投稿日:2011/06/20

    エレキギター音を歪ませてけたたましく弾きまくる様はまさしく70年代のロックしており、高校・大学の文化祭や、商店街のロックステージを懐かしく連想させる。ハードロックファンは買って損なし。 後にロキシー・ミュージックに関わるドラマーのアラン・シュワルツバーグがこんなところで活躍していたことも意外でした。

    30ラロッカ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%