CD 輸入盤

Live In Vienna 1973

Miles Davis (マイルス・デイヴィス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
69329
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

マイルスの1973年ヨーロッパ・ツアーからウィーンでの公演を収めたライヴ盤。「Dark Magus」、「Agharta」、「Pangaea」とほぼ同様のラインナップ。

Miles Davis, trumpet
Dave Liebman, tenor & soprano sax, flute
Reggie Lucas, electric guitar
Pete Cosey, electric guitar & percussion
Michael Henderson, electric bass
Al Foster, drums
James “Mtume” Forman, conga & percussion

Stadthalle, Vienna, Austria, November 3, 1973.

収録曲   

  • 01. Turnaroundphrase
  • 02. Tune In
  • 03. Ife
  • 04. Right Off
  • 05. Funk
  • 06. Calypso Frelimo

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブート(SO WHAT盤?MEGA DISC盤?)を持っ...

投稿日:2010/02/21 (日)

ブート(SO WHAT盤?MEGA DISC盤?)を持ってますが、もちろん買いました。MILESのブートは音質が良い。特に、SO WHAT盤は「ANOTHER UNITY」等やたら音質が良い。後からこうしてHMVさんのように大手SHOPで公式盤?が発売されると、やたら先に出たブートと比較されて大変ですよね。でも当方のようなMILESマニアは何も考えずに買ってしまいます。悲しい性です。内容?貴重な73年ライヴですから悪いはずがありませんです。はい。I LOVE TOMORROW !

OZZYRANDYJAKE さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
この日の演奏は近年になって海外で再放送さ...

投稿日:2009/12/08 (火)

この日の演奏は近年になって海外で再放送され、その音源をリマスターしたブートが「Les Prelude(ハンニバル)」とゆータイトルで出たばかりです。「get the funk」等の旧盤を上回る音質(オフィシャル・レベルまでは到達してませんが)でVer.Upさせたブツで、ほぼ期を同じくして出た「ORIENTAL AFROBEAT」や「BERLIN1969」同様、 「マイルスを聴け9」が出たら恐らく絶賛されるであろう(笑)、73年バンドの代表的演奏です。 で恐らく今作も、このレーベルの過去リリース盤を見た限りでは、その再放送が音源かも判りません。なにぶん未聴なんで音質は判りませんが、演奏は文句なしのハズ、です。

継 さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Miles Davis

 Miles Dewey Davis Vは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれている。歯科医の父と音楽教師の母の元、生後移住したセントルイスの黒人中流階級の家庭でマイルスは育っていった。 高校卒業後、すぐに当時のビバップ俊英たちが集まっていたセントルイスの名門バンド、Billy Eckstine's big bandに加入、。ここでCharlie parker とDizzy Gill

プロフィール詳細へ

Miles Davisに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品