CD 輸入盤

Kind Of Blue

Miles Davis (マイルス・デイヴィス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
64935
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1959
フォーマット
:
CD
その他
:
スタジオレコーディング, リマスター,輸入盤

商品説明

 マイルス・デイヴィスが残した数多くの作品群のなかでも、最も多くのファンの支持を得、また、音楽的にも最も大きい影響を与えた20世紀音楽が残した金字塔の一枚。 ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスといった60年代のジャズをリードする若者を擁したこのクインテットが持った緊張感と音楽的な多くのイノヴェーションは21世紀になっても色褪せることはない.
 特に本「リマスター」盤においては、オリジナル盤発売当時、マスターレコーダーのピッチミスによって回転数が狂って発売されていた本作を“正しい”形の発売に“修正した”「本当のカインド・オブ・ブルー」であり、なおかつ「フラメンコ・スケッチ」の別テイクが追加収録された。

 1959年という「時代の狭間」において、実はマイルスは次の時代への「手」を考えあぐんでいた。モード手法による中央突破という方法にするか、グループプログレッションへと一気に進むのか、マイルスが選んだ道はその両方だった。 この作品を“マイルス自身が失敗”(本人曰く)と感じたのは、実はエヴァンスやコルトレーンが、この作品によって「次の一手に」気が付いてしまったからだといったら、穿った見方だろうか? 実際、ビル・エヴァンスは、マイルスから離れたし、ジョン・コルトレーンもヨーロッパ・ツアーまではつきあったものの、遂にマイルスの厚い殻を食い破って「ジャイアント・ステップス」を歩み出した。
 そして、ポール・チェンバースにいたっては、残念ながら「時代」に取り残されることになる。

 1959年こそは、巷間言われるように、ジャズにとって最も重要な分岐点であったのは間違いないようだ。 近年(2001年時点で)、このセッションには別テイクが存在することが確認された。(注:エディターも入手した)実はワンテイクといわれていたこのセッションには、「やり直しテイク」がたくさんと、インコンプリートだが、別テイクも存在する。 『カインド・オブ・ブルー』は、幻ではなく、マイルス以下、一騎当千のミュージシャンたちの現実が作り出した「世にも素晴らしい」世界だった。

 いつの日か、別テイクも含めて。「コンプリート・カインド・オブ・ブルー・セッションズ」が陽の目を見るとき、マイルス、コルトレーン、エヴァンスたちの「さらに偉大な姿」が浮き彫りになるかもしれない。(2002年4月追記)

 <エディター追記 2002年10月7日>

 アメリカSMEからのSACDリリースを試聴した。「誤ピッチ事件」以来の大変な事態が勃発した。 実はこのセッションも含めて、50年代後半から60年代に掛けてのレコーディングは、「2+1チャンネル」で録音されていたものが多く、それがSACDの登場によって、「新しい芸術」として甦った、というか、いままで我々が受け取っていた作品が、新たな作品として甦ったといってもいい。
 
バックのモーダルな雰囲気の音魁に、ソリストのサウンドが、“プラス・サウンド”として重ねられる「カインド・オブ・ブルー」は、まさにいままで耳にしていた演奏が、実は多くのマスタリングを繰り返されある意味で“一つの意図のもとに曲解”されたサウンドだったことが分かる。
 このSACD作品の登場によって、「ハイブリッド・ディスク」も含めたSACDの普及に拍車がかかるのは必定だ。
 全ジャズファン必聴のこの作品に新たな世界が開かれた。
 新たなる『Kind Of Blue』を楽しみたい!

収録曲   

  • 01. So What
  • 02. Freddie Freeloader
  • 03. Blue In Green
  • 04. All Blues
  • 05. Flamenco Sketches
  • 06. Flamenco Sketches - (Alternate Take)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
44
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このアルバムで特筆すべきことは、全体を通...

投稿日:2017/11/19 (日)

このアルバムで特筆すべきことは、全体を通して感じられる「静寂感」である。初めから終わりまで静かなムードが漂っているのである。落ち着いた演奏であると言っても良い。この静寂感はそれまでのマイルスの録音ではほとんど感じられなかった稀有のものだ。とにかく速いテンポの曲がない。また、チェンバースのベースソロがないこともこのアルバムの特徴の一つであると言える。あのコルトレーンですらも「やりすぎ感」は全く感じられず、いい意味での最小限のソロを美しく展開していると言える。ビル・エヴァンスのピアノが他の奏者の演奏を上手くフォローしており、静寂感を醸し出す一役を担っていることも見逃せない。ジミー・コブのドラムスも極めてストイックで落ち着き感がある。こういった過去に見られなかった、ジャズにおいては極めて珍しい静寂感が聴く者にこのアルバムを神格化させたと言っても過言ではないと思う。1958年の「マイルストーンズ」の1曲目のドクター・ジャックルは速いテンポの曲であり、チェンバースのベースソロもあり、コルトレーンとアダレイのソロが交差する場面も見られ、良い意味での派手さが持ち味の曲で、ちょっと悪く言えば落ちつきがないようにも感じられる。タイトル曲のマイルストーンズも速いテンポである。後年にリリースされた「サムディ・マイ・プリンス・ウィル・カム」においても、プフランシングやテオは速めのテンポであり、いずれのアルバムも「カインド・オブ・ブルー」とは一線を画していると言える。ボーナストラックに別テイクの素晴らしい「フラメンコ・スケッチ」が加えられたことを私は素直に喜びたい。

nk さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
どう考えても名盤中の名盤です。ジャズベス...

投稿日:2014/12/31 (水)

どう考えても名盤中の名盤です。ジャズベストファイブでこれを外すことが出来るでしょうか???ジャズに関心を持った方是非迷わずこれを聞いてください

jey さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
完全な構築美、ただただその美しさに圧倒さ...

投稿日:2012/10/08 (月)

完全な構築美、ただただその美しさに圧倒される。全音楽ファン必携。聴く時と場所を選ばない文句なしの名盤です。

あおQ さん | 福岡県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Miles Davis

 Miles Dewey Davis Vは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれている。歯科医の父と音楽教師の母の元、生後移住したセントルイスの黒人中流階級の家庭でマイルスは育っていった。 高校卒業後、すぐに当時のビバップ俊英たちが集まっていたセントルイスの名門バンド、Billy Eckstine's big bandに加入、。ここでCharlie parker とDizzy Gill

プロフィール詳細へ

Miles Davisに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品