マイルス・デイヴィス自伝

Miles Davis (マイルス・デイヴィス)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401641192
ISBN 10 : 4401641191
フォーマット
発行年月
2015年03月
日本
追加情報
:
21

内容詳細

目次 : 〜音楽は勿論、歴代メンバー他ミュージシャンについてなど、赤裸々トークで / 生のマイルスを感じられる自伝原書は、1989年刊行でクインシー・トループが / マイルスにインタビューしモノローグの形にまとめたもの。以前、上下巻にて / 出版された後、長らくとなっていた本書が訳者中山康樹氏のブラッシュ・ / アップを経て1冊にまとめ待望の復刊!。〜

【著者紹介】
クインシー・トゥループ : 1939年7月、セントルイス生まれ。詩人、編集者、ジャーナリスト、大学教授など多彩に活動

中山康樹 : 1952年5月、大阪生まれ。元「スイングジャーナル」編集長。音楽評論家。ジャズのみならずロックにも造詣が深い。2015年1月28日没。享年62(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゲットアップウィズイット さん

    他の誰にも真似出来なかった到達と抱えきれない程の自己矛盾がありったけ書いてある。やっぱりたまらなく面白い。ヨーロッパ移住後のバド・パウエルと再会してピアノを弾けなくなった姿を見た時、ギル・エヴァンスが亡くなった後彼のスピリットと自室で話した時、挙げたらキリがないくらい印象的なエピソードがたくさん。そして家庭人としての目を覆う惨状。数々の栄光をモノにしながらこれほど傷だらけの人間もなかなかいないのでは。マイルスの人生を通してアメリカの音楽の移り変わりを見るのはとても刺激的。また通して読み返したい。

  • JS さん

    自分の音楽のスタイルにあくまでこだわったこととアメリカの人種差別のリアルはよく伝わってきたが、ヘロインと女の話ばかりで面食らった。マイルスだけでなく、あの人もこの人もヤク中だったなんて、、、

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Miles Davis

 Miles Dewey Davis Vは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれている。歯科医の父と音楽教師の母の元、生後移住したセントルイスの黒人中流階級の家庭でマイルスは育っていった。 高校卒業後、すぐに当時のビバップ俊英たちが集まっていたセントルイスの名門バンド、Billy Eckstine's big bandに加入、。ここでCharlie parker とDizzy Gill

プロフィール詳細へ

Miles Davisに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品