CD

This Is Life

Mike Hicks

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SSRI0084
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
2ボーナストラック

商品説明

ナチュラルボイスと研ぎ澄まされたサウンドが調和した新時代ソウル・ファンクの申し子による極上盤!Nao YoshiokaのBLUE NOTE公演でも輝きを見せた熱いキーボーディストにしてマルチアーティスト:マイク・ヒックス。
2014年5月に行われたNao YoshiokaとBrian OwensのBLUE NOTE TOKYO公演。満員となったこの注目のステージで熱いキーボードの音色を響かせていたその人こそが、今回日本でのアルバムリリースが決まった炎のキーボーディストMike Hicks(マイク・ヒックス)だ。アメリカ・ジョージア州のワーナーロビンスに生まれたMikeは、世界でもトップクラスと言われるミドルテネシー州立大学のレコーディング学部を卒業し、現在もテネシー州・ナッシュビルに拠点を構え活動する今注目のアーティスト。ゴスペルの伝統やソウル・ファンクのリズムに、自身が経験し、影響を受けてきた音楽の様々な要素をバランスよく取り込むことで独自の表現を追求するMike Hicks。猛烈なエネルギーが会場全体を駆け巡るステージがじわじわと彼の人気を押し上げ、2013年にはNashville Independent Music Awardsにおいて"Best R&B Male Artist"をはじめとする主要三部門での受賞を果たした。そして、同アワード内で作品賞に輝いた大注目のアルバムが、この度日本国内盤のリリースが決定した『This Is Life』だ。華やかなビッグバンドを引き連れゴージャスに展開し、序盤を盛り上げる"How Bout You Shut Yo Face!"、甘く柔らかなサウンドに心くすぐられる、シカゴ出身の女性シンガー・Chatae Cannをフィーチャーした"Live Love"。そして陽気でナチュラルな歌声が最高に心地良い"This Is Life"など聴きどころは満載。研ぎ澄まされたサウンドと作品全体を取り巻く絶妙な温度感にハマる人続出! 聴いて損ナシの要チェック盤だ。
(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

ケヴ・モの引き立てを受けて、彼のツアーやレコーディングに参加してきた鍵盤奏者が、2014年5月のナオ・ヨシオカとブライアン・オウエンズの東京公演参加を機に初CDを日本リリース。コーラス要員としても活躍してきただけに、ソウル/ファンク調の演奏と歌声、ともに滑らか。いやみのない才人のお目見え作。(真)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Feels Good Prelude
  • 02. Feels Goo
  • 03. How ‘Bout You Shut Yo’ Face!
  • 04. Where Have Our Songs Gone?
  • 05. Live Love (feat. Chantae Cann)
  • 06. I Just Need You
  • 07. Better for You
  • 08. I Want You Back
  • 09. Debt/Sallie
  • 10. Chasing the Skyline (feat. Kyle Sapp)
  • 11. Living for Better Days
  • 12. Runnin’
  • 13. Song of the Singapore Sun
  • 14. This Is Life
  • 15. Debt/Sallie (Acoustic)
  • 16. Where Have Our Songs Gone? (Acoustic)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Mike Hicksに関連するトピックス

R&B/ダンス に関連する商品情報

おすすめの商品