Mia Regina / カルディア (Cv: 早見沙織)

人物・団体ページへ

CDシングル

TVアニメ『Code:Realize 〜創世の姫君〜』OP/ED主題歌「kalmia/twinkle」

Mia Regina / カルディア (Cv: 早見沙織)

基本情報

カタログNo
:
LACM14684
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CDシングル
参加人物・団体
:

内容詳細

人気乙女ゲームを原作としたアニメのOP/ED主題歌シングル。まったくタイプの違う2曲だが、両曲ともに作品の世界観を存分に表現した出来映えは見事だ。特に、主人公カルディア(CV:早見沙織)が歌うED曲は、切ない歌詞と無垢な歌声が彼女の境遇を想起させ、作品ファンの涙を誘うこと必至。(太)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今年2017年10月から放送中のアニメ『Code:...

投稿日:2017/12/12 (火)

今年2017年10月から放送中のアニメ『Code:Realize 〜創世の姫君〜』 のOP曲「kalmia」by Mia Regina とED曲「twinkle」by カルディア (Cv: 早見沙織) と夫々のオフヴォーカルのカラオケを収録したシングルCD。 先ず、女性3人組Mia REGINAに関しては、 去年2016年10〜12月に放送された『装神少女まとい』のOP曲 「蝶結びアミュレット」 を買って聴いて、そこそこの満足度を得られた、 という縁から始まり… 今年2017年4〜7月まで放映された『sin 七つの大罪』 のOP曲「My Sweet Maiden」 とED曲「Welcome To Our Diabolic Paradise」 がセットになったシングルも買って、 それも、そこそこの満足度、という縁があって… 今回、偶然視ることになったこの『Code:Realize 〜創世の姫君〜』で、最初、 あ、Mia Reginaの曲だな、とは思ったものの、 特に買って聴こうとまでは思ってなかったんだけど…結局、 現時点で、第10話まで視て、全12話みたいなので、残りあと2話で、 どういう結末になるんだろう? と、意外と、最初に思っていたよりも物語を楽しみに視ていたり、 ヒロインへの感情移入とか、 そこそこ作品を楽しめていて、その作品の雰囲気がよく伝わって来る OP曲でありED曲であり…ってことで、 買ってもいいかなと思えてきて…っていうか、このシングルCDが、 OP曲とED曲とが1枚に収まっている (…多分、OP曲とED曲とが別々のCDで発売されてたら買わなかったと思う…) っていう…その辺が最終的な決め手になって、 注文することに。 で、実際にTVサイズではないフルサイズで両曲を聴いてみて… OP曲「kalmia」もED曲「twinkle」も、 どっちも、個人的には、聴いていると歌声からジーンとなってきて、 涙が出そうになる感じで、 そういう、歌声から感情がひしひし伝わって来る系の、 そういう音楽要素が、自分がCDを買いたいと思う際に最も重要視する点なので、 その意味では、このシングルCDを買った甲斐は十分にあったな、 と。 OP曲「kalmia」は、 『Code:Realize 〜創世の姫君〜』の作品世界の概要や雰囲気やイメージを伝える 「物語歌」のような感じの曲になっていて、 同時にロックミュージカル的な曲構成みたいな部分が上手く機能していて、 悲しく切なく数奇な運命のヒロインの恋愛物語、という部分が、 3人の歌声やそのハーモニーから雰囲気がひしひしと伝わってきて心に響く、 というのが魅力的な曲。 あと、曲名のカルミアって何だろう?と思って確認してみると、 カルミア属という植物があって、 観賞用に栽培される綺麗な花の植物なんだけど、 葉はグラヤノトキシンを含み有毒で特に羊が中毒しやすく、 一部の種はLambkill(「羊殺し」)と呼ばれている …という、そういう植物… つまりは、この作品のヒロインであるカルディアの性質設定… 「頭髪以外の全身が触れたものを腐敗・溶解させる猛毒に満ちており、 その境遇からかあまり表情を表に出さない」 という設定とイメージが重なる植物名ってことで比喩的なアレで、 曲名に採用されてるのかな、 と想像したり。…あ?!…このCDのジャケットイラストで描かれている、 手に持っている花が、そのカルミア属のヤツだね… と、今気付いたり…。 一方、ED曲「twinkle」は、 そのヒロインであるカルディアが自身の胸中を歌い上げている曲で、 その歌声から、 自身の境遇への戸惑いや心細さ、絶望や諦めの気持ち… でも、運命の出会いで光明が見え、 今まで見えていたセピア調なモノクロ世界が綺麗に色付き始め、 愛を知り、この先も生きていく勇気を得た… そういうカルディアの内面部分がひしひしと伝わって来て心に響き、 聴いていると涙が出そうになる… ソレが魅力の曲。 …そうそう、余談で、 コレまでに買ったMia REGINAのシングル2作品の表題曲は、 作詞が真崎エリカって人で、 そっちの興味もあって買っていた面もあったんだけど、 今回のCDは、OP曲もED曲もMia REGINAのメンバーの霧島若歌 って人が担当しているようで、 曲調等は違ってもOP曲とED曲とで共通のカラーというか雰囲気が感じられる っていうか、そういう意味では、 同じ人が両方の歌詞を担当してっていう部分が功を奏している、 ってことかな…と、そんなふうにも思ったり。 …そんなこんなで、収録されているOP曲もED曲も両方とも、 自分には、心に響く歌声の楽曲だったんで、 当面は、アニメのこの先の終盤の展開がどうなるのかを楽しみにしながら、 (…カルディアとルパンや仲間達に幸せな結末が訪れるよう祈りつつ…) 繰り返し聴いて、その後も、 折に触れて繰り返し聴いて楽しめそうな2曲だな、 と思えているので、 偶然の巡り合わせで何となく購入した感じだったけれど、 結果的には、大満足って感じで、 よかったです。

♂猫Junn-Junn さん | 東京都 | 不明

0

アニソン/声優/ボカロ に関連する商品情報

おすすめの商品