CD

Learning To Cope With Cowardice

Mark Stewart (マークスチュワート)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TRCP237
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ファースト・ソロに未発表10曲(DISC-2)を加え2枚組で追撃!!!!

ザ・ポップ・グループの中心メンバーであり、その後ソロとして活躍したポスト・パンクを代表するマーク・スチュワートの歴史的最重要作!
マッシヴ・アタック、ワイルド・バンチ、トリッキーといったブリストルのイノヴェーターたちの指標となり、後にトレント・レズナーやナイン・インチ・ネイルズにまでその影響を広げた『ラーニング・トゥ・コープ・ウィズ・カワディス』(83 年)が、新たに発掘された10 曲の未発表曲集『The Lost Tapes』(DISC-2)を加えた新装版で<MUTE>から再発!

今回発掘された未発表音源は、十二分に熟成された攻撃的「Intro」で幕を開け、続く2 曲目「May I」は、最近フランスで発見された(テープ)楽曲で、起承転結など介在しない生々しく壮大な未踏のダブを聴くことができる。他にも「The Power of Paranoia」の別バージョン「Paranoia」や「 The Weight」は、武器貿易の反対運動に長年参画してきたマークの飾り気のない息吹を感じることができる。また、この未発表作品集において、マークとエイドリアンの初コラボ作品である「Conspiracy」と、代表曲「Jerusalem」のプロトタイプ(最初のヴァージョン)が収録されている点にも注目したい。

「異形の傑作」として知られる本編『ラーニング・トゥ・コープ・ウィズ・カワディス』は、マークとエイドリアンの邂逅から“ ザ・マフィア” として集った、デッドリー・ヘッドリー(The Revolutionaries / Sound Dimension etc)、ボンジョ・アイ(African Head Charge)、チャーリー・エスキモー・フォクス、エヴァ・ウェリントン(Dub Syndicate)、ジョージ・オーバン(ASWAD)、<ON-U>のSingers & Players からクルーシャル・トニーとデズモンド・コーク、ジョン・ワディントン(THE POP GROUP / MAXIMUM JOY)などが参加。オリジナル・リリースから約35年もの時を経た今尚、強烈な追撃として再び発表される。


(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

『Learning To Cope With Cowardice』

  • 01. Learning To Cope With Cowardice
  • 02. Liberty City
  • 03. Blessed Are Those Who Struggle
  • 04. None Dare Call It Conspiracy
  • 05. Don’ t You Ever Lay Down Your Arms
  • 06. The Paranoia of Power
  • 07. To Have The Vision
  • 08. Jerusalem

ディスク   2

『The Lost Tapes』

  • 01. Intro
  • 02. May I
  • 03. Conspiracy
  • 04. Jerusalem [prototype]
  • 05. Paranoia
  • 06. Liberty Dub
  • 07. Vision
  • 08. Cowardice Dub
  • 09. High Ideals & Crazy Dub
  • 10. The Weight

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヘッドホン/イヤホンで聴くと超きもちいい...

投稿日:2012/10/17 (水)

ヘッドホン/イヤホンで聴くと超きもちいいです。最高傑作の誉れ高い2ndよりこっちの方が断然聴きやすいので、2nd聴いてアカンと思った人もこっちならいけると思うんで聴いてみて!

吉岡富万 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
エィドリアン・シャーウッドの一連の仕事の...

投稿日:2009/06/24 (水)

エィドリアン・シャーウッドの一連の仕事の中で最高峰の出来栄え!  アナログ盤発表当時、金には無縁の貧乏学生&アマチュアバンド仁だったオレは、Vo.担当(女子高生)に言い包めるように購入させ、それを録音してもらって狂ったように聴いていた記憶が。  その後CD化された際、早速買った盤にはボーナストラック1曲のみ。しかし今回収録されている”The Wrong Name and The Wrong Number”は前回とは別バージョンで機関銃のような低音部の連発は影をひそめた。まあ音質は絶対サイコーにいいからコッチの勝ちw

Tuning_GUM さん | GERMANY | 不明

0
★
★
★
★
★
「Liberty City」のイントロで、シビレない人...

投稿日:2007/06/06 (水)

「Liberty City」のイントロで、シビレない人は出直してください。…ぐらいの?!ぐらいのアレ!?いかってる!!怒ってる!!それを表現するのにダブの手法が超生かされてる。今の若い者は、怒りの表現の仕方をこういったPUNKに学ぶべきだ。暗い人、鬱屈している人、暴れたい人はとりあえずジッとして聞いてほしい、大音量で。無理かな…

EQUINOX菓子パン人間解体 さん | 飯田橋 | 不明

0

Mark Stewartに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品