Marcus Miller / Michel Petrucciani

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Dreyfus Night

Marcus Miller / Michel Petrucciani (マーカス・ミラー/ミシェル・ペトルチアーニ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FDM36652
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD
その他
:
2003,輸入盤

商品説明

 1994年7月7日、パリの「Palais desSports」で行われたDreyfus labelが主催する「ドレフュスの夕べ」の第二回目にあたるイヴェントにおけるライブ音源。
 同レーベルの所属アーティスト、及び、フランスにおいてディストリビューションを行っているマーカス・ミラーが集結した不思議なセッション。
 いずれも一騎当千の一家一城の主ばかりが集まって、繰り広げる「コンテンポラリー・ジャムセッション」!
 ビレリ・ラグレーヌ、レニー・ホワイト、ケニー・ギャレット、マーカス・ミラーが加わると、なにやら80年代のマイルス・バンドの雰囲気を呈してくるから不思議だ。
 この作品をそうした目から見れば、それぞれが違った音楽コンセプトで活躍しながらも、「第二次マイルスの子供たち」といった時代感から見られるメンバーとなっている。
 そして、このバンドのバンド・じゃラーを彩るマーカス・ミラーのベースライン、インナービートこそが、後期マイルスの「背骨」をなしていたことに気づかされる演奏だ!

収録曲   

  • 01. Tutu
  • 02. ザ・キング・イズ・ゴーン
  • 03. ルッキング・アップ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
マーカスとペトルチアーニという、ありそう...

投稿日:2003/10/14 (火)

マーカスとペトルチアーニという、ありそうでなかった組み合わせにビックリ! でも内容はなかなか素晴らしく、晩年のペトの美しき名場面に1ページを添えるものといった感じでした。レギュラーバンドではないので、オールスターセッションにありがちな詰めの甘さもありますが、その場その場で最高の演奏を提供しようという各メンバーの熱意が伝わってきます。

ひろし さん | 福岡 | 不明

0

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品