CD

Mirrors

Mala (マーラ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRC516
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
1ボーナストラック

商品説明

ゼロ年代音楽シーンへ多大なる影響を与えたUKベース・カルチャーを牽引し、ジェイムス・ブレイクを筆頭に数々のフォロワーを生み出してきた重鎮マーラが、名盤『マーラ・イン・キューバ』に続く待望のオリジナル・アルバムをリリース!!『ミラーズ』と冠された本作はキューバに続いて、ペルーの伝統的文化や音楽を深く追求し、自身のベース・ミュージックとの究極の邂逅を果たした作品。ペルーの音楽に没頭するため、現地を繰り返し訪れたことによって生まれた本作は、地元のアフロ・ペルー系パーカッショニストや、民衆舞踊のタップ・ダンサー、アンデスの歌姫らを14曲の中に巧く組み入れながら、テンポとフローを軸に展開。クンビアのルーツでもある1940年代のアンデス民謡のカバー「Cunumicita」(M-6)、ペルーの民衆舞踊サパテオの達人の足音が巨大なダンスホールで舞う「Sabateo」(M-12)、『聖なる谷』を流れる川のフィールド・レコーディングとソプラノの歌姫であり人類学者でもあるシルヴィア・ファルコンの歌声をフィーチャーした「Sound of the River」(M-13)をはじめ、プリミティヴかつラディ・・カルなダンス・ミュージックはマーラにしか創り得ない賜物だろう。キャリアの集大成とも言える本編の終曲「4 Element」(M-14)は嵐のようなドラムスの喧騒が、一時停止や静寂と完璧なバランスを保つ怒涛のブレイクビーツ・ラッシュで、それはまるで1995年のある暑い日曜日、熱く盛り上がっているゴールディーのクラブ<Metalheadz>で、ドック・スコットのレコード・バッグからこぼれ落ちたダブのようにも聴こえる逸曲!6月10日(金)に世界同時リリースされる今作の国内盤にはボーナス・トラック「Tondero」が追加収録され、北中正和氏による解説書が封入される。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

前作でキューバ音楽とベース・ミュージックを脳内ミックスした彼が、本作で向かったのはペルー。単純なルーツ音楽探訪とはならないのは前作同様で、アフロ的なクロス・リズムや先住民的な旋律、フォルクロリックな女性の歌声が、精緻なプログラミングの波間に現れ消えていく。表題が意味深。(真)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Kotos Feat. Ajp (Asociation Juvenil Puno)
  • 02. Dedication 365
  • 03. Cusco Street Scene
  • 04. They’Re Coming
  • 05. Shadows
  • 06. Cunumicita Performed By Danitse
  • 07. Take Flight
  • 08. The Calling
  • 09. Inga Gani
  • 10. Looney
  • 11. Markos Swagga
  • 12. Zapateo Feat. Colectivo Palenke
  • 13. Sound Of The River Feat. Sylvia Falcon
  • 14. 4 Elements
  • 15. Tondero (Bonus Track for Japan)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Malaに関連するトピックス

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

おすすめの商品