川上未映子 ことばのたましいを追い求めて KAWADEムック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309979878
ISBN 10 : 4309979874
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
280p;21

内容詳細

小説・詩・エッセイなど繊細かつ巧みな言葉で世界を切りとり物語を紡ぐ、日本を代表する作家初の総特集。特別書き下ろし他充実の1冊。穂村弘/永井均/蓮實重彦/多和田葉子/岸本佐知子/最果タヒ 他


【目次・収録作品】

[特別創作]
シンシア
黄昏王国
現代語訳 裏紫(樋口一葉 著)

[単行本未収録作品]
ほかの誰よりも最高の気分
あしたまた昼寝するね
みえるわ

[ロングインタビュー]
べつの仕方で、
聞き手:穂村弘

[対談]
✕永井均 反出生主義は可能か ーーシオラン、べネター、善百合子
✕多和田葉子 からだ・ことば・はざま
✕イーユン・リー 「孤独」でしか描けないこと
✕蓮實重彦 始まる、始まる、始まる、ーーあたらしい書き手とことばに震えるために

◎山崎まどか 選
川上未映子のおめかしエッセイ
ダッフルは誰の思い出?/お化粧品売り場でひかるもの/髪の思春期/キャロルとナンシー/散財にまつわる二、三の事情

◎川上未映子が選ぶ、
9人の笑わない女と10の偏愛 構成:岩川ありさ

[トリビュート創作]
「ヘヴン」高山羽根子 なおされた目を確かめに
「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」最果タヒ 夜のほうれい線
「夏物語」大森静佳 空洞
『おめかしの引力』佐藤文香 伊勢丹奇譚

[エッセイ]
高橋源一郎 「詩集」って、書いてない
町田康 川上未映子の小説について
岸本佐知子 ミエコさんとワタシ
沼野充義 早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞のころ
古谷田奈月 編集者・川上未映子
蜂飼耳 饒舌な書法が細部を知らせる
江國香織 マジカル
黒田夏子 対話集『六つの星星』からひろった鍵のいくつか
藤田貴大 そういう手紙だとして
サム・ベット インストラメンタルに合わない文体ーー川上未映子の文学を英訳するに当たって
デビッド・ボイド 声を分かち合うこと
山本充 未来を映す子どものエネルギー
北原美那 早稲田文学増刊 女性号について

[私の1冊]
夏帆/村田沙耶香/今橋愛/田中慎弥/鈴木杏/町屋良平/文月悠光/武田砂鉄

[論考]
亀山郁夫 存在の根源に達するということーー川上未映子の原点と現在
江南亜美子 不安と光の作家、川上未映子
岸政彦 川上未映子にゆうたりたい
都甲幸治 文字と身体――川上未映子の小説
斎藤環 入れ子問題、あるいは新しい「ことばの社会」
椹木野衣 ゴンドラは運ぶ生殖と繁殖を乗せて――『乳と卵』と『夏物語』を繋いで

◎川上未映子作品を読み解く10のキーワード 小澤みゆき
妊娠/出産・初潮・月経・花・甘・髪・歯・夜・夏・音楽・審問

◎川上未映子 主要13作品解題 2006→2019+担当編集者は語る
◎全著作一覧

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    物語よりもキャラクターよりも主題よりも、言葉こそが川上未映子の個性であり、魅力であることはあきらかだろう。このMOOKの副題が「ことばのたましいを追い求めて」であるように、言葉の音、リズム、意味(あるいは無意味)、身体性等々、あらゆる角度からの試行がそこに「たましい」を宿らせ、イーユン・リーとの対談で川上の言う「小説のヴォイス」を生み出すように、内からも外からも言葉の可能性が小説を、さらには世界を創造していくのだ。ただ、穂村弘との対談で川上はこうも言う。(つづく)

  • はるき さん

     「おめかしの〜」で入った読者にとって極めて新鮮な内容。引き出しが多い作家で、エッセイストとしても有能。追いかけたい。

  • Tenouji さん

    川上未映子女史の小説は全く読んだことがないんだけど、サブタイトルの「ことばのたましいを追い求めて」にひかれて、買ってしまったw。気になっところを拾い読み。エクストリームを求めてるところや、言葉を意味以外に、形など多面的に捉えてるらしく、面白いなぁと思う。掲載されている町田康氏のエッセイにもあるように、実は違うところを見ている、というのが重要なのだろう、制度や世界に囚われないためには。樋口一葉の現代語訳も、そのようなゲリラ戦士の言葉だと思えばよい、のかもねw。

  • かふ さん

    川上未映子を最初に読んだのは樋口一葉『たけくらべ』の現代語訳だった。一葉の文体は地の文に会話体が交差してくる憑依文体(意識の流れか?)であるのだが、いささか明治の文語体に会話が紛れてくるので原文はちょっと読むのに苦労する。それを川上未映子の樋口一葉憑依文は見事であった。ここでも一葉『裏紫』を現代語訳している。最初は出来た嫁にはいたらない出来た夫には申し訳ない嫁の騙りなのだが、姉が継子と揉め事の相談に行かなければというのは嘘の手紙で、本当は愛人に会いに行く悪妻なのだ。その変わり身の素早いこと。

  • 藤 さん

    タイトルが凄く、らしい。小説を読んでもエッセイを読んでもインタビューを読んでも、川上未映子さんはガチだ、と定期的に思う。同じ時代を生きていることを励みにしている作家は国内外問わず沢山いるが、川上さんもその一人。美しい服を着る姿にいつも武装みを感じるところも好きだ。その姿を見て、ことばを読んで、私もガチで諦めず戦いながらやっていきたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品