全国版DVDオペラ・コレクション 第62号 名作オペラシリーズ〜レハール『メリー・ウィドウ』 ヴェルザー=メスト指揮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
201080112
フォーマット
発売日
2012年01月04日
日本

商品説明

DVDストーリーガイド

大富豪の未亡人と伯爵の、恋の鞘当て
巨額の遺産を手にした未亡人ハンナ。伯爵ダニロは、祖国の財政悪化を防ぐため、元恋人のハンナとの結婚を命じられたのです。

作曲:フランツ・レハール
指揮:フランツ・ウェルザー=メスト
演奏:チューリヒ歌劇場管弦楽団&合唱団
出演:ハンナ…ダグマル・シェレンベルガー(ソプラノ)
ダニロ…ロドニー・ギルフリー(バリトン)
ツェータ男爵…ルードルフ・A・ハルトマン(バリトン)
ヴァランシェンヌ…ウーテ・グフレラー(ソプラノ)
カミーユ…ピョートル・ベチャーラ(テノール)
収録場所:チューリヒ歌劇場 《2004年収録》
収録時間:約2時間5分(1枚組)
.

名曲の解説

大人の恋物語を彩るあでやかな音楽
2組の男女の恋を歌と踊りで華やかに綴る、オペレッタの代表作です。レハールの音楽は大人向けのあでやかさに満ち溢れています。
.

傑作の背景

「オペレッタのプッチーニ」が放った大ヒット作
世界中で上演されるレハールの『メリー・ウィドウ』。その人気の秘訣は、プッチーニのような甘い旋律や、民族色にありました。
.

人と作品

オペレッタの魅力を世界に広めたレハール
フランツ・レハール
オペレッタを書いた作曲家の代表的存在、レハール。彼の生涯と功績、その作品の数々を振り返ります。
.

世界のオペラハウス

モンテカルロ歌劇場
モンテカルロ(モナコ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ここまでくるともう現代に直結している感じ...

投稿日:2013/03/03 (日)

ここまでくるともう現代に直結している感じです。現実世界にではなくハリウッドのスクリューボールコメディにです。そういうラブコメ映画は個人的には大好きです。さて幕が開くと正面に金の枠のガラスの扉から階段が伸び下に豪華な衣装の人々が居流れます。なかに圧倒的なお胸のヴァランシェンヌのお姿が、これでこの舞台の成功は決まりです。このお胸のせいでハンナ(パッケージご参照)も決して悪くはないのだがちょっと喰われ気味です。対するダニロはGKカーンを思わせますが合格です。この二人、鼾とアンヨでお互いがわかるのですから、いろいろあっても結末はみえています。このオペレッタは、しりあがりによくなっていきます。第2幕、ああ小さな東屋でのカミーユとヴァランシェンヌの逢引きの甘いこと、それにもまして第3幕のダニロとハンナの手の握り方からだってはっきりわかるは泣けてきます。それから、第3幕のパリのキャバレー、クリゼットがルンタルンタで楽しいこと、ダニロがロロ、ドド、ジュジュで入りびたりなのもわかります。ヴェルザー=メストの指揮は勢いよく、いい味だしているニエグシとともにカーテンコールでまで楽しませてくれます。ウィーンのスイング感には独特のものがあるそうで、せっかくウィーンにいったのだから、本場でさらなる舞台を振ってくれることを期待して★一つ減とします(土地柄からメストはこの時代が最もいいとなってしまう悪寒もしないわけではないのだが)。

西荻椿山 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
これは素晴らしいであります。2時間余り、...

投稿日:2011/01/01 (土)

これは素晴らしいであります。2時間余り、本当に幸せな時間を過ごせます。ゴージャスな舞台の上、美男美女の主役二人が繰り広げる、甘く切なく楽しく美しい、実に素敵なひと時!ま、特別な名唱はないとも思うのですけれど、不満はなし。オーケストラも実に甘く切なく歌い、惚れ惚れしますねえ〜。そして、中味は書きませんけど、カーテンコールの面白さ!やってくれるなあ〜。日本語字幕も付いていて、実にいい製品ですな。大いに推薦。オペレッタでは「こうもり」が有名ですが、あれは登場人物がみな自己顕示欲の強いいやな奴ばかりで、ストーリーもさっぱり共感できませんがね。それに比してこの「メリー・ウィドウ」はみんないいよねぇ。フレンチカンカンのせいか、ちょっと俗っぽくみられるけど、きちんとやればそんな印象はありません。ああ、視聴して良かった。幸せであります。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

2
★
★
★
★
★
いやあブラヴォー!何から何まで最高。特に...

投稿日:2009/01/11 (日)

いやあブラヴォー!何から何まで最高。特にシェレンベルガーとグフレラーの二人は歌って踊れて演技も素晴らしい。また、ヴェルザー=メストの音楽とローナーの演出は、見事に20世紀初頭の感覚を描いてみせた。そしてこの舞台は、レハールとR・シュトラウスが同じ時代を生きたことを実感させてくれる。『ばらの騎士』は、『メリー・ウィドウ』の5年後に生まれているのだ。

烏 さん | 広島 | 不明

1

雑誌(情報) に関連する商品情報

おすすめの商品