MUSICA 2011年12月号

MUSICA編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : MUSIC56
ISBN 10 : MUSIC56
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本

商品説明

表紙巻頭:NICO Touches the Walls、早くもニューアルバム『HUMANIA』投下!
その核心に触れるMUSICA初の表紙巻頭20ページ大特集!!
今夏“手をたたけ”でスマッシュヒットを飛ばしたNICO Touches the Wallsが12月7日に4枚目のニューアルバム『HUMANIA』をリリース! 
前作『PASSENGER』からわずか8ヵ月、最早ロックというジャンルを超えポップシーンを席巻しつつあるNICOが、その勢いのままに自由にバンドの音楽的可能性を広げたニューアルバムに込めた真意とは? 光村達哉の表現の核へと踏み込むロングインタヴュー&4人全員インタヴューの2本立てで送る、MUSICA初の表紙巻頭特集20P!!

・サカナクション、幕張メッセ公演超速報!
ニューアルバム『DocumentaLy』が絶好調のサカナクション、11月6日(日)に行われるバンド史上最大規模の千葉・幕張メッセ公演を超速報でレポート! バンドの音楽性と共に破格のスケールに成長したサカナクションのライヴをどこよりも早くお伝えします!

・flumpool、「深化」の1年を振り返る
12月7日にニューシングル『Present』をリリースし、<プレゼント>をテーマにしたスペシャルライヴ・さいたまスーパーアリーナ2Daysを行うflumpool。新曲に込められた想いと共に、それぞれが「自分にとっての2011年のターニングポイント」を語り尽くす、濃厚インタヴュー。

・吉井和哉、その表現がさらなる牙を剥いた『After The Apples』に迫る
ソロキャリア最長のツアーを終えた吉井和哉が、早くも11月16日に自身初のミニアルバム『After The Apples』をリリース。『The Apples』から半年強、再び己と向き合い、攻撃モードへと突き進む吉井和哉の今に迫る!

・エレファントカシマシ、再び「日常」を手に走り出す
約1年ぶりのニューシングル『ワインディングロード/東京からまんまで宇宙』を放つエレカシ。再び「日常」を握り締め、新たな季節へと一直線に走り出した宮本浩次の現在地を紐解く。

・SPECIAL OTHERS、コラボ総括大座談会!
feat. オオキノブオ(ACIDMAN)、ホリエアツシ(ストレイテナー)
キヨサク(MONGOL800)、Kj(Dragon Ash)との競演シングルに続き、スペアザのコラボイヤーの総括となるアルバム『SPECIAL OTHERS』が11月30日にリリース! 地元横浜の盟友・サイプレス上野&ロベルト吉野やアイヌ伝承歌を受け継ぐマレウレウら多岐にわたる参加メンバーの中からオオキノブオ(ACIDMAN)とホリエアツシ(ストレイテナー)を招き、コラボ楽曲“あの国まで”に込めた想いやコラボの真意からスペアザの独特な音楽を浮き彫りにする。

・lego big morl、改めてそのバンドの「イズム」を明らかにする
昨年9月の前作『Mother ship』以降、リリースのなかったlego big morlが待望のニューアルバム『Re:Union』を完成! プロデューサーに前田啓介(レミオロメン)を迎えた会心作を前に、改めてバンドのイズムを明らかにする。

・plenty、新体制となって初の新曲で、早くも極まる
映像と音楽が一体となった<Sound Film Track>という作品形態でリリースされるplentyのニューシングル『あいという』。江沼の核が露になったかのごとき名曲誕生と共に、ふたり体制となったplentyの新たなスタートに迫る。

・モーモールルギャバンの「素」を垣間見る
別れとその先の希望を真っ直ぐに歌った渾身のバラード“Good Bye Thank You”とドキュメントDVDを一緒にした新作『PINK and BLACK』、完成。これまで決して見せたことのなかったゲイリーの「素」に初めて触れる
and more

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品