CD

Wes Bound

Lee Ritenour (リー・リトナー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCV9557
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

商品説明

GRP MASTERS COLLECTION 1000
フュージョン/クロスオーヴァーの名門GRPの名盤を再発!


敬愛するギターの神様ウェス・モンゴメリーにリトナー流の手法で捧げたトリビュート作。
後期ウェスのレパートリーにスポットを当てて選曲。ボブ・ジェームス、ハーヴィー・メイソンらの腕利きやヴォーカルのマキシ・プリーストらも起用して、あくまでリトナーの持ち味を発揮したサウンドを表現。「フォー・オン・シックス」はジャジーなプレイをアピール。

内容詳細

フュージョン・ギターの寵児であるリー・リトナーが、敬愛するウェス・モンゴメリーに捧げた一枚。本家に迫る美しいオクターブ奏法を駆使し、とりわけ後期ウェスの有名曲をクールに演奏している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
個人的には最高傑作。今でもたまに聴きます

投稿日:2015/04/21 (火)

個人的には最高傑作。今でもたまに聴きます

ホーぺ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
こりゃ良いですよ。 彼のギターの音が上手...

投稿日:2009/05/31 (日)

こりゃ良いですよ。 彼のギターの音が上手く録れているし、 サポートも素晴らしい。 モンゴメリーにリーリトナーの色を乗せた感じで、 良い演奏が多いです。 ベース、ピアノも良い仕事してます。

kiko loureiro さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
☆
十年以上前になりますか?大好きなWes Mont...

投稿日:2007/01/15 (月)

十年以上前になりますか?大好きなWes Montgomeryのtribute版として何気なく購入したのだが、これは素晴らしいアルバムだった。@からC FGHは無駄な音は無くリトナーらしい解釈で伸び伸びと演奏していて気持ちが良い。エンジニアのドン・マレーがいい仕事をしている。

linlin さん | kobe | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Lee Ritenour

 1977年、リー・リトナーは、彼の評価を決定付けた初期の代表作、 Captain Fingers を発表。ギタリスト、サウンドクリエイター、さらに、コンセプターとして、ユニークな地位を確立した。一方、西海岸生まれのリトナーにとって、ウエス・モンゴメリーとともにもう一つ彼の音楽歴にとって忘れられない要素、“ブラジル・フレイヴァー”を実現した名盤、RIO が1979年発売され、その後のギターシンセの

プロフィール詳細へ

Lee Ritenourに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド