Lee Ritenour / Larry Carlton

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

CD

Larry & Lee

Lee Ritenour / Larry Carlton (リー リトナー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCV9564
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

商品説明

GRP MASTERS COLLECTION 1000
フュージョン/クロスオーヴァーの名門GRPの名盤を再発!


フュージョン界のトップ・ギタリストが初めてコラボレートしたファン待望の夢の共演作。
70年代からライバル関係と目され、フォープレイではギタリストの座を異動した所縁もあるリトナー&カールトンは、まさにドリーム・チーム。それぞれの自作曲で固めて、より実りある内容を目指した姿勢が胸を打つ。フィリンゲインズ、ハキムらサイドメンも豪華。

内容詳細

ラリーとリーというトップ・フュージョン・ギタリストが、GRPレーベルで意気投合して実現した夢の共演作。お互いのオリジナル曲を持ち寄って丁々発止のソロを惜しげもなく披露した95年の大ヒット作。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この人たちの「テクニック」について云々す...

投稿日:2010/10/14 (木)

この人たちの「テクニック」について云々することは無意味を通り越しています。リー・リトナーがバッキングで見せる絶妙のタイミングのセンス溢れるフレージング、ラリカルが「ルーム335」やクルイダーズの「Spiral」で見せた推進力のあるプレイ、その二人のデュオは往年のファンにとってはまさに「夢」でした。あとは曲にさえ恵まれれば素晴らしいアルバムができるはず、その期待に見事に応えてくれました。時としてラリカルがブルージーな曲のときに見せるモタ付きをリー・リトナーが明らかに「救って」いるし、リー・リトナーの曲作りにみられる「線の細さ」をラリカルが持ち前の推進力でカバーする。まさに理想のデォオであり、完成度においてジョージ・ベンソン&アール・クルーを上回る!と、思います。

KobaJun さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
これは最高です!! 比肩するギタリストが...

投稿日:2009/05/31 (日)

これは最高です!! 比肩するギタリストが合わさったら、 どんな演奏になるかと期待して、プレイボタンを押しました... そして出てきた音楽は素晴らしい。 サポートメンバーももの凄くて良いのですが、 それにも増して二人のギターは良いです。 どの曲も本当に良くて、それぞれの個性が表れています。 音質の良さも作品をサポートしてます。 ギターの暖かさと鋭利さがよく出ています。 ドラム、ベースの音もいい!! 車の中、家、外と場所に関わらず全曲通して聴いてください!!!!

kiko loureiro さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
歳とったなぁ、リトちゃんとラリーちゃん。...

投稿日:2005/05/16 (月)

歳とったなぁ、リトちゃんとラリーちゃん。でも、サウンドもテクも、格好いいよ。相変わらず、心を揺さぶってくれるねぇ。ありがとさん。

Phd_namben さん | 川崎市 | 不明

0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド