CD

Graduation

Kanye West (カニエ・ウェスト)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICD9040
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
価格限定盤

商品説明

世界が認めるNo.1プロデューサーKanye Westの約2年半ぶりとなるニューアルバムは、『College Dropout』 (大学中退)、 『Late Registration』(履修登録遅延)に続き、遂に『Graduation』(卒業)までやってきた。リードシングルは、T.I.作品でお馴染みのDJ Toompが元々Young Jeezyに提供するはずだった「Can't Tell Me Nothing」とDaft Punk「Harder, Better, Faster, Stronger」ネタの「Stronger」(Timbalandがプログラミングを担当)。当初、この2曲を聴いたときは正直ピンと来なかったのだが、アルバム全体を聴いてカニエの実力を改めて知ることになった。T-Painをメインゲストにフィーチャーし、John LegendとNe-Yoを贅沢にもバックコーラスに配した「Good Life」のようなチャート向けのトラックや、今最もホットなMC、Lil Wayneを引っ張り出しバリー・ボンズになぞらせてヒット連発を自慢する「Barry Bonds」があるかと思えば、Canの哀愁プログレ曲「Sing Swan Song」をブルージーに変換させた「Drunk & Hot Girls」や、しっとりとしたピアノ音をバックにカニエの今の立場ならではの苦悩が見え隠れするリリックとプリモのコスリ(スクラッチネタはPE「Bring The Noise」)が融合した「Everything I Am」、ColdplayのChris Martinが参加した「Homecoming」のように誰もが共感できるような楽曲まで、実にバラエティに富んだ内容だ。ラストにジガ賛歌「Big Brother」を持ってきたところもニクい。アルバム全体のクロスオーヴァー度は前作よりもアップしているものの、最先端過ぎるわけでもなく、どこか懐かしくもありフレッシュさも感じさせる。だから何度聴いても苦にならないし、奥深さもある。こういう感覚を聴く側に持たせるって、とてつもないことなのではないだろうか。しかもそれをさらっとやってのけちゃうところにカニエの凄さがある。やっぱり傑作。

日本盤はボーナス・トラック2曲収録。
*歌詞・対訳は一部。

内容詳細

前作『レイト・レジストレーション』以来、約2年ぶりとなる3rdアルバム。コールドプレイのクリス・マーティンをフィーチャーしたタイトル・チューンやコモンへの提供が予定されていた「ザ・グローリー」などを収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
23
★
★
★
★
☆
 
11
★
★
★
☆
☆
 
9
★
★
☆
☆
☆
 
5
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
☆
80〜90年代のHipHopが輝いているのは簡単に...

投稿日:2008/07/08 (火)

80〜90年代のHipHopが輝いているのは簡単に言えば創造性に満ち溢れていたから思う。その年代にこだわるのはわかるケドそれに固執してたら創造性の高い作品なんて生まれません!自分も含めHipHopリスナーはもう少し頭をやわらかくすべき!

タカシシケタ さん | 銀河系 | 不明

0
★
★
★
★
★
07年HIP HOP界最高傑作でしょ?個人的にア...

投稿日:2008/06/16 (月)

07年HIP HOP界最高傑作でしょ?個人的にアリシアのAs I Amの次に07年発売作品で良作だと思います。次作は「就職」(英タイトルはemployment?かは不明)だそぉです! 待てない

jesse さん | japan | 不明

0
★
★
★
★
★
86〜96のHIPHOPが好きな自分でも...

投稿日:2008/01/02 (水)

86〜96のHIPHOPが好きな自分でも好き。PREMOもいいな。

80年代生まれに聴かせるタン さん | メンはねぇ | 不明

0

Kanye Westに関連するトピックス

ヒップホップ/ラップ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト