CD 輸入盤

Kulu Se Mama

John Coltrane (ジョン・コルトレーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
543412
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1965
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

『Om』『Kulu Se Mama』『Meditations』の3部作への走る1965年、ファラオ・サンダースの参加という意味からは、「Spiritual Jazz」の起源ともいえるかもしれない、ジョン・コルトレーンが転換を遂げた年に録音されたアルバム。黄金カルテットメンバーにもコルトレーンの音楽的な指向への軋みが出始めていた。ドナルド・ラファエル・ギャレットの参加、ジュノ・ルイスのヴォーカル(ヴォイス)のフィーチャーがこの年のコルトレーンの変遷を実感させてくれる

『Meditations』録音後、マッコイ、グループを脱退。アリス・コルトレーン加入。コンセプトとしての「コズミック・ミュージック」の萌芽がすでに聴き取れる演奏には、すでにジョンがある意味での啓示を受け取っていたことは確実だ。

『Half Note Live』あたりのストレイトアヘッドなジャズのダイナミズムとは異なる、内的なバイブレイションから創出されたエネルギーがサウンド全体を覆っているのが明らかに聴こえる。コルトレーンの音楽哲学が初めて顔をはっきりと現した記念すべきアルバム。

John Coltrane(ts,perc)Pharoah Sanders (ts,perc=1, 4)Donald Rafael Garrett(b,b-cl,perc=1, 4)McCoy Tyner (p=1, 3-6) Jimmy Garrison (b=1, 3-6)Frank Butler (ds,perc,vo=1, 4)Elvin Jones(ds)Juno Lewis (vo,perc=1, 4)
Recorded by Rudy Van Gelder in June 1965. REISSUE: Production managed by Bryan Koniarz. Reissue mastered by Kevin Reeves at Universal Mastering Studios-East.

収録曲   

  • 01. Kulu Se Mama (Juno Se Mama)
  • 02. Vigil (09:51)
  • 03. Welcome (05:35)
  • 04. Selflessness
  • 05. Dusk Dawn
  • 06. Dusk Dawn - (previously unreleased, alternate take) (09:29)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
自分のNEEDSの範囲に迷いが生じた時に、どこ...

投稿日:2010/05/27 (木)

自分のNEEDSの範囲に迷いが生じた時に、どこまでが自分にとってのMUSTなのか?、どこまでが自分にとってのWISHなのか?こんな自問自答の解決の時に、このアルバム@のJuno Lewis のヴォーカルがヒントを与えてくれる。( ※ この曲、トレーンの出番は多くはないが、楽曲はいかにもColtrane 。重ニガく哀しい曲調。) 他の曲もそれぞれ意義深く堪能はできるのだけれど、個人的には、アルバムタイトル曲の@が収録されている事に、強く思い入れを感じてきた。

1
★
★
★
★
★
コルトレーンは至上の愛’までと言うファン...

投稿日:2003/12/20 (土)

コルトレーンは至上の愛’までと言うファンが多い。一理はあるが間違い!このアルバム聴かなきゃ。トレーンのトレーンらしさがここにある。

酔って兼好 さん | 三重県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Coltrane

 1926年9月23日に生まれたジョン・コルトレーンは、1950年代初頭Dizzy Gillespieのバンドから本格的なジャズ活動を開始、1955年、心機一転を狙ったMiles Davis Quintetに入団、初めのころの非難轟々の時期を乗り切って、1956年の「マラソン・セッション」のころには個性を確立しつつあった。 この歴史に残る4枚の作品に参加しえたことが、ジャズファンにとってはコルトレ

プロフィール詳細へ

John Coltraneに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品