CD 輸入盤

Ballads

John Coltrane (ジョン・コルトレーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GRD156
組み枚数
:
1
レーベル
:
Grp
オリジナル盤発売年
:
1962
フォーマット
:
CD

商品説明

マウスピースに問題を抱え停滞していた61年から62年にかけてボブ・シールのアイディアによって生まれたこの作品は、「怪我の功名」ともいっていい、歌心溢れるアルバムとして、数多い彼の作品群の中でも『エリントン・アンド・コルトレーン』と並んで老若男女に聴き親しまれている。

@の出だしだけで聴く者はコルトレーンの世界に引き込まれるだろう。
コルトレーンを考えるときサウンド的な観点からは、『マイ・フェイヴァリット・シングス』と共に、コルトレーン節のソフト・サイドを代表する作品として本作は忘れられないが、コルトレーンが突き進めていた「シーツ・オブ・サウンド」への貢献という意味では、本作は蚊帳の外の作品である。

ライヴ演奏における“Impressions”の激しい咆哮、さらに1964年というジャズにとってターニングポイントとなった年に録音される『至上の愛』とともに、本作はジャズファンにとって忘れれられない作品には違いない。ジャズの入り口として最適なアルバムだ。

収録曲   

  • 01. Say It (Over And Over Again)
  • 02. You Don't Know What Love Is
  • 03. Too Young To Go Steady
  • 04. All Or Nothing At All
  • 05. I Wish I Knew
  • 06. What's New
  • 07. It's Easy To Remember
  • 08. Nancy (With The Laughing Face)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
私も旅行豚氏と同じく外周側のプチプチノイ...

投稿日:2008/05/05 (月)

私も旅行豚氏と同じく外周側のプチプチノイズの多さにびっくり、洗剤で洗ったり木工ボンドパックいろいろためしましたが音源によるもののようですね。私のは針飛びしない程度の反りもありました(^^;

奈良のカズ さん | 奈良県 | 不明

2
★
☆
☆
☆
☆
もともとCD版を所有しており、レコードで...

投稿日:2008/03/10 (月)

もともとCD版を所有しており、レコードでも聞いてみたくなって今回LPを購入しましたが…レーベルがかなりめくれていて不安はあったものの、まあ輸入版だしと針を落とした途端ザザーとノイズ。何かマズッたかと盤をよく見るとあちこちに窪みや凹みがあり、反りこそ無いもののケバがかなり目立つ状態。余程材質が悪いのかプレス元がダメなのか。全体がノイズだらけで正直これを商品として出荷するメーカーの気が知れません。同時購入の「Giant Steps」は良かっただけにがっかりしています。まさかこの作品にこんな評価をすることになろうとは。

旅行豚 さん | 宮城県 | 不明

3
★
★
★
★
★
”They Say It’s Wonderful” この1曲(...

投稿日:2007/07/01 (日)

”They Say It’s Wonderful” この1曲(3分5秒)のためにこのCDを買いました。 それほど、すばらしい演奏です。 ColtraneとMcCoyのDuo シンプルで深い。 新しい発見です。

coltrane oh-no さん | 太地 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Coltrane

 1926年9月23日に生まれたジョン・コルトレーンは、1950年代初頭Dizzy Gillespieのバンドから本格的なジャズ活動を開始、1955年、心機一転を狙ったMiles Davis Quintetに入団、初めのころの非難轟々の時期を乗り切って、1956年の「マラソン・セッション」のころには個性を確立しつつあった。 この歴史に残る4枚の作品に参加しえたことが、ジャズファンにとってはコルトレ

プロフィール詳細へ

John Coltraneに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド