CD 輸入盤

Oil On Canvas

Japan (ジャパン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3630532
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤, リマスター,輸入盤

商品説明

1982年暮れに活動を停止したジャパンだが、本作は同年中に行われていた最後のツアーの模様を収録したライヴ作(1983年発表)。同ツアーには一風堂の土屋昌己氏がギタリストとして参加。非常に完成度の高いライヴ作と言えるが、この作品リリースの時点で既に各メンバーは個々に活動を開始しており、バンドの最期の散り方とも相俟ってクールなイメージを振りまいていた。

収録曲   

  • 01. Oil On Canvas
  • 02. Sons Of Pioneers (Live)
  • 03. Gentleman Take Polaroids (Live)
  • 04. Swing (Live)
  • 05. Cantonese Boy (Live)
  • 06. Visions Of China (Live)
  • 07. Ghosts (Live)
  • 08. Voices Raised In Welcome Hands Held In Prayer
  • 09. Nightporter (Live)
  • 10. Still Life In Mobile Homes (Live)
  • 11. Methods Of Dance (Live)
  • 12. Quiet Life (Live)
  • 13. Art Of Parties (Live)
  • 14. Canton (Live)
  • 15. Temple Of Dawn

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
スタジオ版かと思える程、演奏の完成度が高...

投稿日:2011/11/22 (火)

スタジオ版かと思える程、演奏の完成度が高い作品となっていますね。 それはそれでよいです。ただ、スタジオ版にないLiveならではの演奏スタイルも聴いてみたかった。

ブライアン さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
「Sons of pioneers」ツアーも後半を迎えた...

投稿日:2009/09/08 (火)

「Sons of pioneers」ツアーも後半を迎えたハマースミス・オデオン公演を素材に収録した本作はJAPANのアルバムの中でもUKアルバムチャートで最高位を記録した。スタジオテイクに忠実な演奏を繰り広げているとはいえ「Tin drum」の数曲は本作の方に軍配を揚げる。あまり知られていないが「Nightporter」は何故かスタジオ再録を擬似ライブテイクにしている。ブート音源をお持ちの方は聴き比べてみるとよい。                                      「Methods of dance」の熱い高揚感を聴くと、全くアレンジが違う「European son」、この夜サンディーがコーラスで参加したと云われる「Life in tokyo」がカットされたのが誠に惜しまれる。ロキシーの「Viva!」と同じく後からかなりオーバーダビングされているので、naked『Oil on canvas』フルセットをいい音で聴いてみたいものだ。個人的には「The other side of life」をこのツアーでやってほしかった気もする。                                                                  初出日本盤LPにはJAPANのデビューから解散までの歴史を載せた豪華なブックレットが封入されており、今回紙ジャケ化に際しその復刻を期待したのだが実現せず。情けない。この後リリースされた2枚組ベスト『Exorcising ghosts』も、ジャケットが美しく解散後のデヴィッドのインタビューまでライナーに載っていたので紙ジャケ向きだと思うのだが、今のEMIではとてもやってくれそうもない。

WEATHER BOX さん | 東京都 | 不明

6
★
★
★
★
☆
ジャパンにおいて私は土屋のギターはあまり...

投稿日:2008/07/14 (月)

ジャパンにおいて私は土屋のギターはあまり好きにはなれません。ロブ ディーンの方が良いです。

michiru さん | 大阪 | 不明

0

Japanに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品