Jake Shimabukuro
新商品あり チケット受付中

Jake Shimabukuro (ジェイク・シマブクロ) プロフィール

Jake Shimabukuro | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Jake Shimabukuro

■ プロフィール ■

そのウクレレは優しく、激しく、せつなく五感を刺激する。常識を超えるプレイ・スタイルで今ままでにないサウンドを奏でる奇跡の4弦。話題のスーパー・ウクレレスト、ジェイク・シマブクロ 02年7月 日本デビュー!

ハワイ州ホノルル出身。1976年11月3日生まれ。わずか4歳よりウクレレを始め、高校を卒業したばかりの98年PURE HEART/ピュアハートのメンバーとしてプロ・デビューを果たす。ジェイクの登場はそれまでのウクレレ・ミュージックの概念を大きく変えることに。ウクレレという楽器の持つ即興性はもとよりクラシックやジャズ、ロック、ブルーズ、ファンク等ありとあらゆるジャンルの音楽を見事なまでのテクニックとフィーリングで網羅し、綿々と続いてきたハワイアン・ミュージック・シーンに多大な影響を与えた。

PURE HEART/ピュアハートは同年デビューアルバム、ピュアハートをリリース。そして翌年にはハワイにおけるグラミー賞に値するナ・ホク・ハノハノ・アワードで新人賞、最優秀アルバムを含む4部門で受賞。その後00年にもセカンドアルバムピュアハート2で再び同賞を受賞、その後、PURE HEART/ピュア・ハートを解散し、同年には新バンド、COLON/コロンを結成。リリースしたアルバムTHE GROOVE MACHINEで3年連続のナ・ホク・ハノハノ・アワードを受賞。そしてCOLON/コロン解散に伴い、02年1月にはソロ・アーティストとしての活動を再始動させる。

そんなジェイク・シマブクロはレストランやイベント等で定期的にライヴを行う一方で、地元大手医療グループと組んで“ミュージック・イズ・グッドメディスン”プログラムをプロモート。学校や老人施設を訪問し、音楽を通じて子供達の清い成長と健康の大切さをアピール。さらに今年からニューヨークのケネディシアター所属のハワイ・アーツ・アライアンス(ハワイ・アート教育協会)とも組んで学校教育におけるアート教育の重要さを訴えるスポークスマンとしての活動も始めている。

ライヴではこれまでに数多くのミュージシャンとも共演。ジャズシンガーのDiana KrallやゴスペルグループのTake6、そして女性シンガー・ソングライター、Fiona Appleのライヴではオープニング・アクトを務め、ロックバンド、Blues Travelerのステージではシンガーでハーモニカ奏者であるジョン・ホッパーと共演。ウクレレとハーモニカでリード交換というホットなジョイント演奏も果たす。さらに毎年行われている“ハワイ国際ジャズフェスティバル”への出演やホノルル交響楽団とのコラボレーション等、その活動の幅は広がっている。

また01年2月9日に発生したハワイ沖の宇和島水産高校実習船沈没事故に大きな衝撃を受けたジェイク・シマブクロはすぐにもえひめ丸という楽曲を制作し、そのCDの売り上げ金を遺族と被害者のために寄付。このことは全米のメディアは勿論のこと、日本でも01年3月3日付の朝日新聞がコラム「ひと」で取り上げたり、ほとんどのTV局の主要ニュース番組で報じられた。

そして02年7月ミニ・アルバムサンデー・モーニングで待ちに待った日本デビューを果たすジェイク・シマブクロ。収録楽曲はジェイク・シマブクロの書き下ろしたナンバーの他、バカラック作の名曲'Close To You'そしてクラシック曲からニコロ・パガニーニ作の’Caprice No.24’カバー曲までと、ミニ・アルバム編成にしては盛りだくさんの内容になっています。中でも'Caprice No.24'オリジナルのバイオリンの部分を全てウクレレだけで表現してみせる等、その早弾きテクニックとイマジネーションは驚愕に値するでしょう。オリジナル楽曲も情緒豊かな感性によって紡ぎ出されたピースフルなナンバーばかり。ウクレレ音楽の革命児、ジェイク・シマブクロの天才肌の演奏と常夏のメロディが南風と共にやってきます。プロデュースを手がけるのはPURE HEART、COLON時代からのワークでジェイクの事を知り抜いているプロデューサー、Dr.Treyことトレイシー・テラダ。

■ アルバム『Sunday Morning』曲解説 ■

Sand Channel
ハワイの海や素晴らしい自然をイメージして書かれた曲。たとえばサーフボードに寝そべってポイントに出ていく時、比較的波の穏やかな通り道(チャンネル)を通って沖へパドリングしていく、その時のゆったりとした気持ちを表現。

Love Is...
誰もが1度は経験のある甘酸っぱい気持ちをイメージして書かれたラヴ・ソング。

Selections from Caprice No.24
2オクターブの音域しか持たないウクレレでバイオリン用に書かれたこの楽曲を新たな解釈で表現。限られた音域をカバーするためのハーモニックスの使い方がウクレレの限界に挑戦するジェイクらしいアイデア。

Sunday Morning
日曜日の朝のリラックスしたフィーリングをイメージして書かれたナンバー。まさにタイトル通りの爽やかでどこかワクワクさせる響きを持つ。

Close To You
バカラック作にしてカーペンターズの大ヒット・ナンバー。小さな頃、家にこの曲のオルゴール人形があり、いつもママがこの曲を聴かせてくれたというほのぼのとした想い出のナンバー。

〜wave sound of Waikiki Beach〜
そして曲のエンディングではジェイクが慣れ親しんだワイキキ・ビーチにうち寄せる波の音がフェイド・インして、まるで火照った体を癒してくれるかのように、このデビュー作品は幕を下ろします。

※資料提供:エピック・ソニー

%%message%%