CD 輸入盤

Lazaretto

Jack White (ジャック・ホワイト)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88843077692
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

初ソロ名義アルバム『ブランダーバス』リリースから二年―100%のジャック・ホワイト・ワールドの第二章開幕2000年代の“ロックンロール・リヴァイヴァル”と呼ばれたムーヴメントの最重要バンドとして音楽史にその名を刻んだザ・ホワイト・ストライプスはもちろん、ザ・ラカンターズやザ・デッド・ウェザーとしての活動、そして世代を代表するギタリストとしての映画『ゲット・ラウド』への出演、ボブ・ディランやアリシア・キーズなど様々な大型アーティストとの競演、そして自身のレーベル“サード・マン・レコーズ”の運営。これらを経て、マルチプレイヤーとしてのキャリアを築き上げたロックンロール・アイコン=ジャック・ホワイト。

2010年に突如解散を発表した二年後、初のソロ名義でのアルバムとなった『ブランダーバス』をリリースし、自身の作品としては初の全米チャート1位を獲得し、グラミー賞5部門にもノミネートされ、正真正銘、ジャック・ホワイト個人としてのステータスを世界に証明した。同年7月にはフジロックへの出演を果たし、女性のみで編成されたバンドを携え、ソロ・アルバムのみならず、ザ・ホワイト・ストライプス、ザ・ラカンターズ、ザ・デッド・ウェザーの楽曲も演奏するという、自身のキャリアを網羅したセットリストでグリーン・ステージを沸かせたことも記憶に新しい。
『ブランダーバス』リリース以降も、ベックとのスプリット・シングルのリリースや、二―ル・ヤングの最新アルバムへの参加など、多岐に渡って活動をしていたジャックが、遂に自身のアルバムを二年振りにリリース。今年4月19日開催された“レコード・ストア・デイ”では、リード・シングル「ラザレット」をライヴで披露し、その日中にアナログ盤としてリリースするという、世界最速アナログレコードリリースの記録を樹立し、大きな話題となった。

今作を引っ提げて、ジャックは二年振りのワールド・ツアーを敢行することが決定。アメリカではボナルー・フェスティバルやガバナーズ・ボール・フェスティバルでのヘッドライナー出演をはじめ、イギリス最大のフェスティバルであるグラストンベリーへの出演も決定している。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Three Women
  • 02. Lazaretto
  • 03. Temporary Ground
  • 04. Would You Fight For My Love?
  • 05. High Ball Stepper
  • 06. Just One Drink
  • 07. Alone InMy Home
  • 08. Entitlement
  • 09. That Black Bat Licorice
  • 10. I Think I Found The Culprit
  • 11. Want And Able

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
コレはジャンル分けすると、ロックみたいで...

投稿日:2014/09/14 (日)

コレはジャンル分けすると、ロックみたいです。しかし他のロックミュージシャンとはやることが全然違っていて、最初聞いた時は、若いデビッドボウイっていう感じ、そして聞き込むとプログレの要素もはいっている。そして曲は普通のロックでは安定感がある所を沢山作るのに、このアルバムは安定感が無く激しいコードチェンジをするので、きいてて退屈しないです!しかしキメる所は決めていてかっこいいです!

ひ〜ちゃん さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Jack White

1997年にザ・ホワイト・ストライプスとしてデビュー。ザ・ホワイト・ストライプスとして6枚、ザ・ラカンターズとして2枚、ザ・デッド・ウェザーとして3枚のオリジナル・アルバムをリリースし、ソロとしてもべック、ザ・ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、アリシア・キーズ等との競演歴も誇るなど、名実共に・・・

プロフィール詳細へ

Jack Whiteに関連するトピックス

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品