最新版 指輪物語 5|上 王の帰還 評論社文庫

J R R トールキン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566023932
ISBN 10 : 4566023931
フォーマット
出版社
発行年月
2022年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
436p;15

内容詳細

堕落した魔法使いサルマンが所持していたパランティールを、好奇心に勝てずに覗き込んだピピンは、魔王サウロンの見出すところとなる。ガンダルフは、パランティールをアラゴルンに預け、ピピンを連れてミナス・ティリスへ。一方ローハン軍召集のためにエドラスに向かう騎士たち。空にはナズグールが飛び交い、風雲急を告げる中、物語は佳境へと近づく。

【著者紹介】
J R R トールキン : 1892〜1973年。南アフリカのブルームフォンテンに生まれ、3歳のとき、イギリスに移住。オックスフォード大学卒業。第一次世界大戦に従軍後、1925年からオックスフォード大学教授。中世の英語学と文学を中心に講じた。『指輪物語』は、20世紀最高のファンタジーとされる

瀬田貞二 : 1916〜1979年。現東京都文京区に生まれる。東京帝国大学国文科卒業。第二次世界大戦後、東京府立第三中学校に復職し、教師の傍ら雑誌に児童文学作品を投稿。後、平凡社勤務を経て、児童文学の創作、翻訳、評論の分野で活躍。1959年自宅に瀬田文庫を開き、毎週土曜日の午後に自宅を開放していた

田中明子 : 1926〜2020年。現中華人民共和国山東省の青島市に生まれる。第二次世界大戦勃発のころ、同志社女子専門学校英文科にて学ぶ。終戦後、引き揚げ。慶應義塾大学文学部入学。卒業後は、都立新宿高校の定時制で英語を教える。1950年代半ば、瀬田貞二氏に会う。北極星文庫『この湖にボート禁止』を翻訳。60年代初め、モントリオールで2年を過ごし、ヨーロッパ、エジプト、インドを回って帰国(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こまごめ さん

    いよいよモルドールの暗黒軍と本格的な大戦に。アラゴルン、ガンダルフ率いる正規軍はフロドが使命を果たす助けとなるために無謀な戦いに挑む。映画では語られない細かいエピソードが沢山あり面白かったです。さあ次巻で完結!

  • Vincent さん

    第5巻はいよいよ佳境に入ります。とにかく戦争が激烈に。敵方のモルドール国と敵対するゴンドール国とローハン国の2つの国の軍隊も登場してスケールが大きくなってきて盛り上がってきました。

  • つくし さん

    デネソールとピピンとガンダルフの言葉のやりとりを読んでいると、もったいぶった言い回しの中にそれぞれの重さが見えて面白いです。他の人物もそうだけれど、現代のわかりやすい言葉じゃないからこそ、含まれた意味合いを汲み取る楽しさ。しかし物語はいよいよ佳境。エーオウィンの凛とした美しさが特に好きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

J R R トールキン

1892〜1973年。南アフリカのブルームフォンテンに生まれ、3歳のとき、イギリスに移住。オックスフォード大学卒業。第一次世界大戦に従軍後、1925年からオックスフォード大学教授。中世の英語学と文学を中心に講じた。『指輪物語』は、20世紀最高のファンタジーとされる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品