ファーザー・クリスマス サンタ・クロースからの手紙

J R R トールキン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566023833
ISBN 10 : 4566023834
フォーマット
出版社
発行年月
2006年10月
日本
追加情報
:
26cm,111p

内容詳細

絵本「サンタ・クロースからの手紙」に未収録の書筒やイラスト、シロクマの手紙も初公開。『指輪物語』J.R.R.トールキンが贈る、ファン待望の美しく贅沢なクリスマス・レター。

【著者紹介】
J R R トールキン : 1892‐1973年南アフリカ生まれ。両親の没後、苦学してオックスフォード大学のエクセター・カレッジを卒業。リーズ大学教授を経て、1925年からオックスフォード大学教授。中世の英語学と文学を中心に講じる。『指輪物語』『シルマリルの物語』などの著書は、全世界で40ヶ国語以上の言語に翻訳され、多くの読者に愛され続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mii22. さん

    J.R.R.トールキンがサンタになりすまして、4人のわが子に書き送ったプライベートなクリスマス・レター(1920年から1943年)を一冊の絵本としてまとめられたもの。サンタの自画像、住居、暮らしぶりを味のある自筆の水彩画で描き北極から送られたことを想定した趣向を凝らした手紙や封筒切手に父親としてのひそかな楽しみが感じられる。内容からは子供たちの成長や戦争の影まで想いの詰まった贅沢なクリスマス本。子供たちが一人また一人と「くつした」を卒業していく様子は成長を喜びながらも切なく淋しさを感じずにいられない。

  • アクビちゃん さん

    【図書館】読み終えてから「指輪物語」「ホビット」を書いたトールキン作と気付きました!なので、内容がステキなのは勿論の事、絵もステキです☆でも、1番ステキなのはトールキンの息子さんへサンタクロースになりきって手紙を書く想いがステキです(✪▽✪)

  • tokotoko さん

    クリスマス向けに図書館から借りてきてた絵本、最後は、Father Christmasからの手紙です。何と15年分もあります。実物?の手紙の字は、ふるえてガタガタです。だって、サンタさん、1927才越えてるって!絵もとっても上手です。北極には仲間もいます。でも敵もいて、攻撃されたりもしてます。けれどどんな時も、送る相手にずーーっと愛情や友情、いたわりや励まし、そして、ユーモアを忘れず入れて封をし続けたサンタさんを思うと、感動です!サンタさんがどなたか?誰に送ってたのか?来年のクリスマスに、ぜひ読んでみてね!

  • 昼夜 さん

    今まで指輪物語の著者としてしか知らなかったJ.R.R.トールキンの子どもたちに対する父親の眼差しの温かさに溢れていてサンタクロースってやっぱりお父さんのイメージなんだなって再確認しました。

  • マッピー さん

    クリスマスに読めてよかった。この本は、『指輪物語』で有名なトールキンが、サンタクロースとして自身の子どもたちにあてて書いた手紙を収録したものです。子どもたちはサンタさんからの手紙をどれほど楽しみにしていたのでしょうか。ふんだんに挿入されているイラストは、細部までしっかり描き込まれていて、眺めていても飽きない。子ども時代の幸福を、親としてこれほどに演出できる幸せ。永遠じゃないからこそ美しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

J R R トールキン

1892〜1973年。南アフリカのブルームフォンテンに生まれ、3歳のとき、イギリスに移住。オックスフォード大学卒業。第一次世界大戦に従軍後、1925年からオックスフォード大学教授。中世の英語学と文学を中心に講じた。『指輪物語』は、20世紀最高のファンタジーとされる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品