ハリー・ポッターと賢者の石

J.K.ローリング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784915512377
ISBN 10 : 4915512371
フォーマット
出版社
発行年月
1999年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,462p

商品説明

緑の眼に黒い髪、そして額に稲妻型の傷を持つ、魔法学校1年生のハリー・ポッターが、邪悪な力との運命の対決に打ち勝って行く、夢と冒険、友情の物語。スマーティーズ賞ほか受賞作。

●J.K.ローリング【著】 松岡佑子【訳】 サイズ15×21cm 462ページ

内容詳細

ロンドン郊外の、どこにでもありそうな平凡な街角、ある晩不思議なことがおこる。そして額に稲妻の形をした傷を持つ赤ん坊が、一軒の家の前にそっと置かれる。生まれたばかりの男の子から両親を奪ったのは、暗黒の魔法使い、ヴォルデモート。平凡な俗物のおじ、おばに育てられ、同い年のいとこにいじめられながら、その子、ハリー・ポッターは何も知らずに11歳の誕生日を迎える。突然その誕生日に、ハリーに手紙が届く。魔法学校への入学許可証だった。キングズ・クロス駅の「9と4分の3番線」から魔法学校行きの汽車が出る。ハリーを待ち受けていたのは、夢と、冒険、友情、そして自分の生い立ちをめぐるミステリー。ハリーはなぜ魔法界で知らぬものが無いほど有名なのか?額の傷はなぜか?自分でも気づかなかったハリーの魔法の力が次々と引き出されてゆく。そして邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
語彙が少ないのでそれでなくても想像(もし...

投稿日:2013/01/24 (木)

語彙が少ないのでそれでなくても想像(もしくは創造)しながら読み進めなければならないにもかかわらず、ファンタジーは造語が多いため、イメージが欠乏し過ぎて一度目は途中で挫折した。DVDが全巻揃ったのを機に通して観賞し、情報を補完後に再挑戦したところ、すらすら(でもなかったけれど)と読み終えることができた。主役の三人の顔は映画版がデフォルトになってしまったけれど今後、なんら支障はないだろう。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
老若男女に絶大な人気を誇るハリー・ポッタ...

投稿日:2012/01/31 (火)

老若男女に絶大な人気を誇るハリー・ポッターシリーズの第一弾「賢者の石」。 普通の少年だったハリーのもとにある日・・・ 当時小学生?だった僕もこの一冊の虜になりました。 家族も全員読み、映画にも行きました。 まだ読んで無い方、暇な時間に是非読んでみてはどうでしょう

kenji さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    映画が先か?小説が先か?で云えば明らかに映画が先だったわけだが、読んでみるとなるほど、映画は小説の内容を余すところなく捉えており、小説ファンにしてみればかなりよい出来だったのではないかと思われた。内容といえば、やはりこれは長く続くシリーズのイントロダクションの要素が強いのだが、ローリングの手腕は布石を全体に散りばめており、読書に対する発見や驚きを読者にきちんと提供している。これは確かに子供に受けるわけだ。これもミステリを重んじる英国の風土が作者にも根付いているのだろう。

  • HIRO1970 さん

    だいぶ前に読みました。

  • テルテル さん

    自分を認め必要としてくれる人間がいったいとれぼどいるのだろうか。ハリーが育ったおじ、おばの家での環境は地獄そのもの。いじめを考える絵本『おおきなあな』と共感できる。ハリーの心をどん底まで追い込む『おきなあな』は、魔法学校の存在と仲間たちによって埋められていった。皆がハリーを必要としている。期待し認められている。ハリーの心の『あな』が埋まる瞬間を読んだときに歓喜と希望、勇気がわくのを感じた。ハリーは自分の使命を自覚し闘う。人は認められてこそ自分の力を発揮できる。笑顔でいられる。私も皆を認める人になりたい。

  • はじめさん さん

    トリック オア トリート!🎃 2020年10月31日「ハリー・ポッターと賢者の石」で読書会を開催します。オンラインでも参加できます。 https://bookmeter.com/events/7794

  • テディ さん

    両親が邪悪な魔法使いヴォルデモートに殺されたために孤児になったハリー。その後、意地悪な従兄家族に預けられるがホグワーツ魔法学校への入学許可証を得て自分が魔法使いである事を知る。仲間の友人らと消えるマントを使い、「賢者の石」を探す冒険に行く。チェスの場面、2つの顔を持つヴォルデモート等。映画のシーンが蘇りました。ファンタジー物は、あまり得意ではないですが、これは違います。魔法界という不思議な世界観の中で芽生える友情、自分探しを通じて成長していく過程等。お話と登場人物達に引き込まれます。再読して良かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

J.K.ローリングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド