地域を変えるデザイン コミュニティが元気になる30のアイデア

Issue+designproject

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862761286
ISBN 10 : 4862761283
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
285p;21

内容詳細

人がつながると、新しい夢が生まれる…。人口減少、育児、エネルギー、格差といった、世の中の課題を美しく解決して幸せなムーブメントを起こす、みんなのための「デザイン」実例集。

【著者紹介】
筧裕介 : 1975年生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京工業大学大学院社会理工学研究科修了。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。社会課題をデザインの力で解決するソーシャルデザイン領域の研究、実践に取り組む。2008年山崎亮他とともにissue+design project設立。「できますゼッケン」にて2011年グッドデザイン賞、「親子健康手帳」にて2011年キッズデザイン賞審査委員長特別賞、2011年日本計画行政学会・学会奨励賞他受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • モリー さん

    地域が抱える様々な社会問題を、デザインの力を活かすことで解決すための方法論を提示しています。具体例も豊富です。社会問題の解決を志す全ての人にお勧めしたい最良のテキストだと私は思います。どの具体例も誰かに話したくなること間違いなし。嬬恋村のキャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ取り組みは、恥ずかしいけれどもやってみたいかも(笑)。日本愛妻家協会の取り組みに強く賛同します。会員になろうかな。会員になったら、私が所属する恐妻組合の会員資格はどうなる?http://www.aisaika.org/index2.html

  • りんごかずくん さん

    自分の知らない地域レベルで様々な取り組みは行われていて感動。とはいえ決して成功とは言えないものも多い気はするけど、少しでもコミュニティに貢献できているなら成功なのかな。

  • すのう@中四国読メの会コミュ参加中 さん

    地域が変わるにはどうすればいいんだろう。自分の住んでいる地域は良くも悪くも真ん中。中途半端。悪くもないけど、胸を張って良いと言えるものでもない。けれど、それは自分が見つけられていないだけなのかも。外の人からすれば、面白かったりすることもあるかもしれないし、普段見過ごしていることも多いだろうし…発想次第で変わる面もあるだろう。この本のなかでも、「八戸のうわさ」や「探られる島・家島」などが心に響きました。

  • SOMARU.(しらあい) さん

    これからのコミュニティのありかたとは? 結局は、その場で暮らすみんなが出来ることをしないと変わらない。一市民として行政に批判ばかりではなく、アイデアをシェアできるようにして新しい暮らしのあり方を「デザイン」できたら楽しいだろうな。ブレインストーミングの場とか、地域で増やせないだろうか。いろいろ事業の例も乗っていたけど、「畑で採れたゴミ袋」はとってもキュートだった!

  • 三色かじ香 さん

    意識高い系の自己満足では、と思えるもの(参画している人々は満足してるという目的では評価する)から、すごくいいなって思える取り組みまで、いろいろなデザインを知ることができました。机上の話で終わるのではなく、実際に形になっているデザイン、というのがすごいと思います。まちのうわさ、と、君のいす、が私は好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品