CD

ロード トゥ ルイジアナ

Harry & Mac

基本情報

カタログNo
:
ESCB2040
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

70年代の日本のロック黎明気を牽引してきたHarryこと細野晴臣(はっぴいえんど、YMO)と、Macこと久保田真琴(久保田真琴と夕焼け楽団)が、久保田の「細野さん、今度一緒にカントリーみたいな音楽やろうよ」と持ちかけ、じゃあニュー・オリンス行って、ドクター・ジョン呼んで...って話が盛りあがり、本当に出来てしまったアルバム。ドクター・ジョンこそ参加していないものの、実際何曲かをニューオリンズでレコーディング。サウンドは心休まる夕焼け楽団の香がなんとなく影を落としていて、往年のファンにはたまらないだろう。サンディーもゲスト参加。ニューオリンズのミュージシャン達ともセッションしている。今、こういう曲がメイン・ストリームから完全に外れてしまっているので、却って斬新。ちょっと前の「癒し」効果もあり。和める一枚です。

内容詳細

細野晴臣と久保田真琴の話題の共演盤。こんなアルバムが99年に登場したとは、という意外性も楽しかったが、久保田の歌が『セカンド・ライン』以来って気づかなかったなあ。もしや演奏家としての復活を期していたか? G.ハドソン、山岸潤史、鈴木茂らが参加。(岳)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
'99年発表。細野さんと久保田真琴さんが久々...

投稿日:2005/07/31 (日)

'99年発表。細野さんと久保田真琴さんが久々に手を組んだ、ニューオリンズ・カントリー・AL。こういう音を、この2人が敢えて'99年に発表した事に意味があると思う。こんなオッサンになりたい。サンディーも参加。

B-S-M さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
いやぁ、余裕だねぇ。なぜか自然に聞こえて...

投稿日:2000/03/26 (日)

いやぁ、余裕だねぇ。なぜか自然に聞こえてしまうのは何でだろう。花田のrock’n’roll gypsiesにはめっちゃ違和感を覚えたけど、 こっちは違うね。

まく さん | 東京 | 不明

0

おすすめの商品