George Michael
新商品あり

George Michael (ジョージ・マイケル) プロフィール

George Michael | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

George Michael

ワム!のデビュー・アルバムで、影響を受けた音楽として「モータウン」と答えているジョージ・マイケル。彼は、ポップ・ソングの魔法を持った60年代モータウン・ソングと、艶かしいソウルや70年代ディスコ・サウンドなどへの憧れを原点にしながら、今ではそれを芸術的といっていいほど自分なりの感覚で取り入れ、ときにキャラ勝負なエンターテメント性の強い芸人シンガー(誉め言葉!)として見せることにも成功している優れたブルー・アイド・ソウル・シンガーだ。

ジョージ・マイケルは1963年6月25日にイギリスで生まれた。彼が名を成すことになったのは、80年代に大きな成功を収めたイギリスのグループ、ワムでのことだった。そのワムでタッグを組むのはアンドリュー・リッジリー。二人が最初に出会ったのは1975年頃のこと、二人が12歳の頃だった。ロンドン北部のハートシェアフィールドにあるブッシー・ミーズ・スクールで知り合った彼らは、1978年旧友のデヴィッド・オースティン(余談だが彼は後にソロ・デビューを果たす)を加え、16thフォームというグループを結成。音楽性は当時ロンドンで流行していたスペシャルズやマッドネスの影響を受けたスカ・サウンドを基本にしたものだったという。1979年にアンドリューの実弟ポールと、学友のアンドリュー・リーバーを加えた16thフォームは、エグゼクティヴという5人組のグループとなった。ここでの音楽性はブラック・ミュージックに影響を受けたダンス・ミュージック。しかし数回のギグを行うも、このグループから間もなくジョージ、アンドリューを残して他のメンバーが脱退。このことが原因でグループは解散となってしまった。

その後の約2年間をアルバイトなどで過ごしていたジョージとアンドリューは、手元の僅かな資金でデモ・テープを録音。1981年の暮れのことだった。このテープをレコード会社に送った二人だったが、結局良い返事をくれる会社はなく、デビューには繋がらなかった。そんな折、当時インディーズ・レーベルだったインナーヴィジョンを設立したばかりの、旧友のマーク・ディーンという男に二人は出会う。そして彼の協力によってCBSレコードとの契約に漕ぎ着けることとなったのだ(この時グループ名はワム!となった)。

1982年3月にリリースされたデビュー・シングル“ワム・ラップ!”こそ不発だったものの、2ndシングル“ヤング・ガンズ”が話題を呼んだ。その曲の影響もあってデビュー曲がチャートのトップ10に昇るなど、この2ndシングルの時点から人気が上昇していったワム!は続くシングル“バッド・ボーイズ”の全米2位のヒットで人気を確実にしていき、以降“ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ”、 “ラスト・クリスマス” 、“恋のかけひき” 、“アイム・ユア・マン”などのヒット曲を放ち、80年代イギリスを代表するポップ・デュオとしての地位を確たるものにしていった。

ワム!は1986年6月のロンドン・ウェンブリー・アリーナで人気絶頂の中解散してしまった。ワム!在籍中にバラード“ケアレス・ウィスパー”でソロ・アーティストとしてもデビューしていたジョージ・マイケルはこの解散を機に、本格的なソロ活動を始める。1987年に全世界でヒットを記録したフェイスはじめ、ジョージ・マイケルは、深くブラック・ミュージック・テイストを吸収した独自のスタンスを見せながら、時に往年の王道ポピュラー・シンガーのようなオーソドックスな味わいをも感じさせながら、作品を発表し続けている。

ジョージ・マイケルは、ときにマーヴィン・ゲイの如くスウィートで生々しいソウルを披露しながら、また共演も果たしているエルトン・ジョンやフレディ・マーキュリーといった英国の二大エンターティナーの先達から影響を受けたと思われる国民的タレントぶりも見せつける。彼らが皆、ゲイあるいはバイ・セクシャルであるということをカミングアウトしたという共通点を殊更に強調したくはないが(この3人を挙げておいて、そのことに触れないのもまたヘンだろうし)、懐の広いイギリスにおいては、こうしたタイプのエンターティナーはより広く国民的な人気を誇ることがあるのは確かだろうと思う。

2016年12月25日、イギリス南部の自宅で死去したとBBC放送が報じた。53歳だった。

%%message%%