CD 輸入盤

Run For Cover

Gary Moore (ゲイリー・ムーア)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MOORECD4
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1985
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

4人の名プロデューサーと豪華ゲスト陣を迎え制作されたゲイリー・ムーアの1985年度作。とはいえ、そうした華やかな売り口上とは裏腹に、全体としての纏まりはいまひとつともいえるかも。しかし旧友・フィル・リノットとの共作となる”アウト・イン・ザ・フィールド”の出来がそれを補って余りある。

収録曲   

  • 01. Run For Cover
  • 02. Reach For The Sky
  • 03. Military Man
  • 04. Empty Rooms
  • 05. Out Of My System
  • 06. Out In The Fields
  • 07. Nothing To Lose
  • 08. Once In A Lifetime
  • 09. All Messed Up
  • 10. Listen To Your Heartbeat
  • 11. Still In Love With You (Bonus Track)
  • 12. Stop Messin' Around (Live/Bonus Track)
  • 13. Murder In The Skies (Live/Bonus Track)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
out in the fields が名曲です。フィル・ラ...

投稿日:2021/03/13 (土)

out in the fields が名曲です。フィル・ライノットとの最後の共演。男同士の友情に熱くなります。曲調もケルトの雰囲気を纏い名曲中の名曲。別のライブバージョンも最高。

えっじ さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
横浜で観た時のミリタリーマンのインプロヴ...

投稿日:2021/03/03 (水)

横浜で観た時のミリタリーマンのインプロヴィゼーションを聴きながら何故か涙がボロボロ出たのが昨日の様に思えます。ゲイリーの歌も良いですがやはりグレンと比較してしまうと...。アウト オブ マイ システムも聴けるし、お買い得です。

E-BOW さん | 静岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
最初の発売当時、アナログLPで購入したとき...

投稿日:2012/02/16 (木)

最初の発売当時、アナログLPで購入したときは、9曲入りのアルバムで、5曲目に入っているGlen Hughesが歌う“Out Of My System”は入っていませんでした。12インチシングルのB面の曲だったんですよね。でもこれ、Glenが参加していたPhenomenaプロジェクトに出てきてもおかしくないぐらい凄くいい曲なので、今はこのアルバムの1曲として普通に入れてもらえていることに感謝です。他の方も書いておられるように、(ボーナス・トラック以外で)このアルバムは@CGIはGary自身が、ADFHはGlenが、BはGaryの長年の旧友であるPhil Lynottが、そしてEではそのPhilとGaryのダブル・ヴォーカルが味わえて、色々なカラーが楽しめる盛り沢山な内容となっています。@はノリノリでアゲアゲ・モード突入のハード・ポップな名曲です。Aは古き良きブリティッシュ・ハードロックをモダンにアレンジした感じで、BはPhilのヴォーカルならではの語り口というか、特徴ある歌い方が印象的な曲です。CはGaryのセルフ・リメイクですが、よほど思い入れのあった曲なのでしょう。でも、個人的には音の抜けが良くなっているとは思うものの、オリジナルのアレンジで、ベースが前に出ていた感じのほうが好きでした。Eはこのアルバムを代表するアイリッシュ魂が入魂された絶品の曲です。FはGlenの歌が光るヘヴィー・ロックに、Gはこれまたハード・ポップに決めて、HもGaryのギターとGlenの歌がうまく絡み合っての佳曲となっています。IはGaryらしからぬ、都会的な洗練されたアレンジのバラードです。Garyと言えば、泣きのギターで心が揺さぶられまくり、嗚咽せずにはいられないほどのお約束的なバラードが多い中、これはAOR的な作品ですね。このアルバムは、“大いなる野望”に次いで大好きなアルバムです★彡

nikki さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Gary Moore

こんなゴツい顔した人(失礼!)がこんなにも美しい「泣き」のギターを弾くのか!それがゲイリー・ムーアに対する第一印象。このアンバランスさに惹かれる人も少なくないのでは…。ジャズ、フュージョン、ハードロック、ブルース…いつの時代のゲイリーは我々の心の琴線に触れるようなギターを紡ぐ。

プロフィール詳細へ

Gary Mooreに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品