CD 輸入盤

Fall

Evgeny Lebedev (エフゲニー・レベジェフ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FALL
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Russia
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

1984年モスクワ生まれ、期待の若手ピアニスト、エフゲニー・レーベジェフの2005年録音盤は、オリジナルを中心にウェイン・ショーター、ケニー・ギャレットなどを採り上げ、エネルギッシュな演奏を聴かせてくれる入魂の1枚です。自由自在にぐいぐい切れ目なく展開するフレーズの連なりの意外性またそれを超えたところにある個性としか言いようのないところできっちりまとまっているというなかなかの手腕。曲によってサックスを加えるなど随所に工夫がみられ、デビュー盤にして独自の世界観を見事に表現しています。リリカルな歌心もしっかり覗かせてくる、今後にも充分期待できる逸材です。

Evgeny Lebedev(p)
Anton Chumachenko(b)
Alexandr Zinger(ds)
SPECIAL GUEST:
Andrew Krasilnikof(ss on M9)
Olga Krasnopevtseva
Taya Krasnopevtseva
Natalya Makarina
(Russian Folk Ensemble 'Veretence' on M7)

収録曲   

  • 01. Wayne's Footprints(W.Shorter/E.Lebedev) (05:59)
  • 02. You Don't Know What Love Is(Raye/Depaul) (05:46)
  • 03. Intro (01:02)
  • 04. 24th Of May(E.Lebedev) (04:23)
  • 05. Golden Sands(E.Lebedev) (06:22)
  • 06. Journey For Two(K.Garrett) (06:57)
  • 07. Russian Dance(E.Lebedev) (05:20)
  • 08. Fall(W.Shorter) (03:56)
  • 09. Above The Clouds(E.Lebedev/N.Moiseenko) (06:45)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Evgeny Lebedevは、1984年モスクワ生まれの...

投稿日:2014/10/13 (月)

Evgeny Lebedevは、1984年モスクワ生まれのピアニスト。 この「Fall」は、2005年録音のファースト・アルバムとのことで、当時21歳とは思えない完成度に驚かされました。 リズムセクションは、Anton Chumachenko(b)、Alexandr Zinger(ds)。 1曲目「Wayne’s Footprints」は、W.Shorterの曲を彼なりにアレンジ。スピード感溢れるイントロからワクワクさせられます。 このスピード感がアルバム全体を貫いており、スローな曲からも内に秘めた勢いのようなものが感じられます。 2曲目は、お馴染みの「You Don’t Know What Love Is」。リリカルな響きを伴い、有名曲を巧みに料理するLebedevの実力はたいしたものだと思います。 特に高音部への展開には、胸を締め付けるものがあり、そのルックスからして女性好みのピアニストと言えるかもしれません。 3曲目「Intro」は、ポップスのようなフレーズから立ち上がり、ドラムスとベースがカッコよくサポート。タイトル通り、次曲への架け橋となっています。 そのまま、若者らしいスタイリッシュな演奏へと突入する4曲目「24th Of May」。ドラムスが溌剌としています。良く響くベースとピアノとのからみも聴せどころか。 5曲目「Golden Sands」は、リリカルなイントロから、ちょっとダークな雰囲気が漂うテーマ部へ移行。Lebedevのテクニックに瞠目させられるソロです。 このスピード感は凄い。スピーカーに向かって拍手を送りたいほど。本作のハイライトでは? 6曲目「Journey For Two」は、K.Garrettの作品。Lebedevは、サクソフォーン奏者がお好きなようです。曲は、しっとりと大人の雰囲気を漂わせ、3人が魅力的なメロディを紡ぎ出します。短いながら、クールなベース・ソロも印象的。 7曲目「Russian Dance」は、リズム感に溢れ、スタイリッシュに展開していく曲。後半に現地語?のコーラスが入るのも斬新。ちょっとPat Metheny Groupの雰囲気も漂います。 8曲目「Fall」は、またもW.Shorterの曲。これも、Lebedevの実力を十分に知らされるピアノ・ソロ。ため息がもれそうです。 ラスト「Above The Clouds」は、ソプラノ・サックスが加わり、親しみやすいフレーズがそよ風のように耳元を通り過ぎていきます。これも、Pat Metheny Groupを思わせる曲。Patが若手ミュージシャンに与えた影響は大きいようです。 アルバム「Fall」は、若者らしい勢いに溢れ、かといってテクニックをひけらかさない、Lebedevの抑制の効いたピアノを堪能できる傑作だと思います。

hiro さん | 愛知県 | 不明

1

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品