エリック・クラプトン自叙伝

Eric Clapton (エリック・クラプトン)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784401646654
ISBN 10 : 4401646657
フォーマット
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
463p;20

内容詳細

クラプトンが綴った真実の物語

複雑な家庭環境での生い立ち、ギターとの出会い、数々のバンド・メンバーとして、そしてソロとして華々しく活躍したクラプトンだが、私生活では数多くの女性との関係、ドラッグ中毒、アルコール依存症、親友ジョージ・ハリスンの妻パティとの結婚と離婚、息子の死などを経験する。何度となく地獄を味わった彼を救ったのは、音楽、ギター、そして家族だった!

エリック・クラプトンが書き下ろした渾身の自叙伝。著者クラプトンの提供による多数のプライヴェート写真や十代の頃に描いたドローイングなど16頁の「グラビア」を挿入した“新装版”として登場!

【CONTENTS】
グラビア
第1章 少年時代
第2章 ザ・ヤードバーズ
第3章 ジョン・メイオール
第4章 クリーム
第5章 ブラインド・フェイス
第6章 デレク・アンド・ザ・ドミノス
第7章 失われた数年間
第8章 461オーシャン・ブールヴァード
第9章 エル&ネル
第10章 ジ・エンド・オブ・ザ・ロード
第11章 ヘイゼルデン:修復へ
第12章 再発
第13章 コナー
第14章 アフターマス
第15章 クロスロード
第16章 メリア
第17章 ア・ファミリー・マン
第18章 ア・イヤー・オン・ザ・ロード
エピローグ

【著者紹介】
Eric Clapton : 1945年、イギリス、サリー州リプリー生まれ。独学でギターを習得。63年、ヤードバーズに加入し、ギタリストとして音楽活動を本格化。その後、クリーム、ブラインド・フェイス、デレク・アンド・ザ・ドミノスを経てソロに。これまで『いとしのレイラ』『461オーシャン・ブールヴァード』『アンプラグド』など数々の名盤、ヒット作を世に送り出し、合計16個のグラミー賞を獲得。私生活では、親友ジョージ・ハリスンの妻との結婚と離婚、薬物やアルコール依存症、息子の転落死など、辛い体験に見舞われるものの、その度にカムバックを果し、現在も第一線で活躍中。ロックンロール・ホール・オブ・フェイムではただ一人、三度の殿堂入りを果たしている(ヤードバーズとクリームのメンバー、そしてソロ)。2007年10月、自らの人生を赤裸々に綴った初の自叙伝を刊行した

中江昌彦 : 1947年、東京生まれ。慶応大学卒業。卒業後レコード会社に入社、ディレクターとしてブルース、レゲエ、民族音楽などを担当。憂歌団を世に送り出す。その後、フリーの翻訳者として活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ウッシー さん

    酒がやめられないのはわかる気がする。 だって、酒やめたら他にやること何にもないもん!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Eric Clapton

誰もが認める「ギターの神様」エリック・クラプトン。そして、その「のっぴきならない」エモーショナルなギター・サウンドに加え、歌表現まで含めたブルースの追求に目覚めたことが、エリック・クラプトンの音楽に強い訴求力とポピュラリティを付け足したのではないだろうか。

プロフィール詳細へ

Eric Claptonに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品