CD

Why Hasn't Everything Already Disappeared?

Deerhunter (ディアハンター)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4AD0089CDJP
組み枚数
:
1
レーベル
:
4AD
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
3ボーナストラック

商品説明

2019年最重要盤!
スリル満点で予測不可能なディアハンターによる約3年ぶり8作目!!!


4ADの遺伝子を受け継ぎつつ、現在のシーンを鋭く反映するブラッドフォード・コックスを中心とするUSインディー・シーンの最重要バンド、ディアハンターが『Fading Frontier』(15年作)以来の最新作を<4AD>よりリリース!

シューゲイザーやドリームポップを軸に60'sサイケ、クラウト・ロックからオルタナ、テクノ、さらにはブルースといった幅広いジャンルの要素を含みつつ、内省的なグルーヴに昇華していく美しい比類なきサウンドで今やレーベルを代表するバンドと位置付けられる彼等。

約3年ぶりにリリースされる本作は、ウェールズ出身のシンガー・ソングライター、ケイト・ル・ボン、ナールズ・バークレイやアニマル・コレクティヴを手がけたベン・H・アレン、そして前作にも携わったベン・エッターがプロデユースに加わり、バンドの15年間のキャリアの中でも類を見ないほどスリル満点で予測不可能、彼らが更なる高みに到達したことを示す最高傑作と言える内容に完成。
国内盤CDには、ボーナストラックを3曲追加収録し、解説と歌詞対訳が封入されている。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

4ADレーベルを代表する存在となった彼らの8枚目。サイケ、クラウト・ロック、オルタナなどの要素を今のアメリカン・ロックとして聴かせる方向性は不変ながら、ケイト・ル・ボン、ベン・H・アレンIIIら、多彩なプロデューサーとの仕事でさらなる深みと高みを極めた独特のサウンドを聴かせる最高傑作。(保)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Death In Midsummer
  • 02. No One’s Sleeping
  • 03. Greenpoint Gothic
  • 04. Element
  • 05. What Happens To People?
  • 06. Détournement
  • 07. Futurism
  • 08. Tarnung
  • 09. Plains
  • 10. Nocturne
  • 11. Canal Plastics no. 1 (月 点灯したステー )(Bonus Tracks for Japan)
  • 12. Canal Plastics no. 2 (白い冬の珊瑚)(Bonus Tracks for Japan)
  • 13. Canal Plastics no. 3 (武満徹の記憶)(Bonus Tracks for Japan)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

UK/インディ に関連する商品情報

おすすめの商品